アメリカ大学院の留学費用について

留学の動機と自分への投資

最近では、会社に入ってから英語の必要性を強く感じる人も多く、20代のうちに留学して英語力をつけ、修士号を得ようという若者は少なくありません。早期退職で得たお金で、留学に挑戦する人もいます。短期間の語学留学では物足りないので、1~2年しっかり留学して、専門知識を身に付け、その分野で使える英語力をものにしようという人もいます。

アメリカの大学院で学び、そのことを通じて得られる知識や国際性、世界に広がる人脈、そして英語力を期待して、それに対して投資する、という考えかたをするならば、留学はまさに自分への投資です。長期の留学の成果は計り知れないものがありますし、その対価としてどの程度の留学費用がふさわしいかどうかというのは、人によって考えかたはさまざまでしょうし、なかなか簡単に割り出せるものではありません。

留学費用の目安

アメリカの大学院へ留学する場合、学費と寮・食費のほかに交通費や教材費、お小遣いなどさまざまな費用を含めて、年間に250~500万円くらいかかります。都会にある私立の大学が最もお金がかかります。生活費も、都会のほうが割高になります。

田舎の州立大学では、年間の費用が2万ドルくらいのところもあります。生活にかかる費用も田舎では割安です。州立大学とはいっても、留学生も含めて州外の学生に対してはかなり高い学費を設定していますので、私立に比べて州立のほうが安いとは必ずしもいえません。

時間をかければ留学費用は貯められる

留学を希望する人に「お金がない」という人が多いのですが、日本でちょっとアルバイトをしても1時間に1000円くらいを稼ぐことは可能です。実際に栄 陽子留学研究所から留学を果たした人の中には自分で必死に働いて、親からの援助を得ないで留学した人はたくさんいます。本当に貧しくて留学できない国の人たちに比べたら日本人は恵まれているといえるでしょう。

留学するのにお金がない、という場合でも、時間をかければ何とか留学費用を稼ぐことができるのがいまの日本です。大学院留学に年齢制限はありませんし、大学を卒業してからのブランクがマイナスになることはありません。留学に適した時機は人それぞれです。また留学して得られる成果も、その成果をいかに生かすのかも、人によってまちまちです。お金の使いかたも、考えかた次第ということです。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求