日本の大学は4月からが新年度。一方でアメリカの大学は9月からです。学期や年間スケジュールはどうなっているのでしょうか。また、学生の1日のスケジュールは?

それぞれの大まかな流れを知って、留学前の参考にしましょう。

もくじ

アメリカの大学の年間スケジュール

アカデミックイヤー

アメリカの大学は、9月~翌年5月までの約9か月間を1年度としています。この1年度のことを「アカデミックイヤー」(Academic Year)といいます。多くの大学では、アカデミックイヤーを、

  • 9月~12月の秋学期
  • 1月~5月の春学期

という2つの時期に分けて、2学期制(セメスター制)をしいています。

アカデミックカレンダーの例

アメリカの大学のアカデミックイヤーのスケジュール(アカデミックカレンダー)の例を見てみましょう。表のあとに解説をつけています。

Colby-Sawyer College のものを参考に作成)
秋学期 9月8日
9月9~11日
9月11日
9月12日
9月19日
10月12~14日
10月15~18日
11月14~17日
11月23~27日
12月16日
12月17~18日
12月19~21日
新入生到着日
オリエンテーション
科目登録
授業開始
Add & Drop 最終日
中間テスト
秋休み
春学期の科目登録
感謝祭休暇
授業最終日
自習日
期末テスト
12月22~1月21日 冬休み
春学期 1月22日
1月23日
1月30日
3月7~9日
3月10~19日
4月3~5日
5月2日
5月3~4日
5月5~8日
5月13日
帰寮日
授業開始
Add & Drop 最終日
中間テスト
春休み
秋学期の科目登録
授業最終日
自習日
期末テスト
卒業式

オリエンテーションから授業開始まで

大学ごとに入寮日が決まっているので、その日に大学に到着するようにします。たいていその翌日にオリエンテーションが行われます。オリエンテーションは日本の大学のガイダンスに相当するもので、大学生活全般についての説明が行われます。オリエンテーションの内容はとても大事です。

このオリエンテーションで、キャンパスの施設の使いかたや寮のルール、科目登録の方法などの説明を受けます。とくに留学生を対象としたオリエンテーションの場を設けている大学も少なくありません。またこのオリエンテーションの一環として、プレイスメント・テスト(英語や数学などの科目登録のためのレベルを測るテスト)が行われることもあります。

科目の登録は、アカデミック・アドバイザー(履修登録のアドバイスをしてくれたり、学生の成績に気を配ったりして、落ちこぼれないように指導してくれる人)と相談して行います。アカデミック・アドバイザーは、学業だけでなく生活全般についてアドバイスをしてくれる、とても頼れる存在です。

最初の授業で配布されるシラバス

アメリカの大学のシラバスサンプル
アメリカの大学のシラバスのサンプル
-「アメリカ進学プログラム」オリジナル教材『アメリカの大学のシラバス』より-

科目登録が終わるとすぐに授業が始まります。最初の授業では、「シラバス(Syllabus)」という授業進行表が配られます。このシラバスには、

  • 科目の目的と内容
  • 授業のスケジュール
  • 担当教員のオフィスの所在とオフィスアワー*
  • 教科書と参考図書
  • 成績のつけかた
  • テストの回数と内容
  • 宿題・課題
  • ペーパー(レポート)の内容・長さ・提出期限
  • 出席についての規定

などが記されています。授業はこのシラバスに沿って進められるので、学期の終わりまで何度も参照することになります。

  • * オフィスアワー: 教授室で教授が学生の質問や相談に応じてくれる時間。授業内容の質問だけでなく、ペーパー(レポート)のアドバイスをもらったり、予習のポイントを聞くこともできます。授業についていけないときも力になってもらえます!

授業が始まって最初の数日~2週間くらいまでは、科目の変更ができます。履修をとりやめることを Drop、科目を加えることを Addというため、科目の変更ができる期間を “Drop & Add Period” といいます。

中間・期末テスト

授業が始まって7~8週目(10月半ば~下旬)に、中間テスト(Mid-term Examination)があります。それまでに学習した内容が盛り込まれたテストで、学期末に行われる期末テストと同様に、結果が成績に大きく反映されます。

初めての中間テストでは、多くの留学生が、慣れないこともあって、あまりいいスコアを出せません。そこで落ち込むのではなく、やる気があることを示し、努力する姿勢を保ち続けることが、評価につながります。どうしても辛い場合は、担当の先生やアカデミック・アドバイザーにすぐに相談しましょう。アメリカの大学は、チュータリング(上級生による個別指導)のシステムもしっかり整えていますので、きっと打開策が見つかるはずです。

学期末には期末テスト(Final Examination)が待ちかまえています。学生たちは期末テストのことを “Final” といいます。ちょっと緊張した響きがある言葉です。中間テストよりも、その結果が成績に反映される割合が大きいのが一般的です。つまり中間テストの結果を挽回するチャンスでもあります。

春学期とサマースクール

春学期は、基本的には秋学期の繰り返しです。それぞれの学期は独立しているため、履修する科目も秋学期と春学期とでは異なりますが、やはり中間テストと期末テストがあって、勉強に追われる日々を送ることになります。

春学期の期末テストが終わると夏休みです。だいたい5月の中・下旬から8月いっぱいにかけて、3か月以上の長い休みになります。この期間は、日本に帰国する留学生がたくさんいますが、サマースクールをとる留学生も少なくありません。

サマースクールは、秋学期や春学期に開講されているのと同様の科目を、4週間とか6週間の短い期間に集中して学ぶものです。修了すれば単位を取得できます。サマースクールをとるのは任意ですが、これを利用して単位を稼ごうという学生はたくさんいます。サマースクールを活用すれば、卒業までの期間を短縮できます。

またサマースクールに限っては、別の大学(たとえばハーバード大学でも!)でも受講できるというメリットがあります。別の大学で受講したサマースクールであっても、自分の大学の卒業単位になるので(ただし事前の確認は必要です)、別の大学のキャンパスライフを経験し、新しい友だちをつくり、また単位も取得するというさまざまな魅力が、サマースクールにはあります。

アメリカの学生の1日

アメリカの大学生はどのようなキャンパスライフを過ごしているのでしょうか。ある留学生の、典型的な1日を覗いてみましょう。

アメリカの大学生の典型的な1日は?

7:00
起床
寮のあちこちの部屋で目覚まし時計の音が鳴ります。だれも起こしてくれません。自力で起き上がります。
7:00~7:30
身支度、シャワー
朝にシャワーを浴びるのがアメリカでも一般的です。湯船にはつかりません。
7:30
朝食
寮とは別の建物にあるカフェテリア(食堂)で朝食をとります。だいたいトーストかベーグルと卵、ベーコンといったかわりばえのしないメニューです。
8:00~8:50
授業(スペイン語)
小テスト(Quiz)に始まって、新しい文法と会話を習います。アメリカ人学生も初心者ばかりですので、留学生でもついていきやすい科目です。
9:00~9:50
授業(心理学)
抜き打ちの小テスト(Pop Quiz)が行われます。問題は口頭で述べられるので、けっこうたいへんです。
10:00~12:00
フリー
授業のない空き時間は、午後の授業の予習をしたり、メール・SNSのやりとりやインターネットで調べ物をしたり、ルームメイトとおしゃべりしたりして過ごします。
12:00
昼食
ルームメイトと連れ立ってカフェテリアで昼食です。サンドイッチとスープが定番。
13:00~13:50
授業(生物学)
ビデオを見て理論を学びます。
14:00~15:30
実験(生物学)
授業で学んだ理論をもとに実験を行います。実験結果はすぐにPCに入力して、データを分析します。
16:00~17:30
部活(サッカー)
アメリカはサッカーはあまりポピュラーではないので、日本人留学生でも活躍できます。スポーツを通じて友だちも増えます。
18:00
夕食
やはりカフェテリアでとります。朝・昼・夕すべて食べ放題なので、食べ過ぎには注意。
19:00~21:00
フリー
部屋でルームメイトとテレビを見ます。20時にはジムに行ってワークアウト。
21:00~23:00
勉強
図書館で宿題や明日の授業の予習。部屋でするよりも集中できます。もちろんネット環境も整っています。
24:00
就寝
 

このように、アメリカの大学生活は、寮と教室と図書館と食堂を行き来することに明け暮れます。この日が特別なわけではありません。授業が終わったら街に出てカラオケに行くとか、夕方は毎日コンビニでアルバイトとか、ということはありません。どちらかというと単調な生活です。

ある日のランチ
ある日のランチ

生活が単調であるだけ、落ち着いて勉強に励めるともいえますが、都会的刺激に慣れている日本人留学生にとっては、このシンプルな生活に慣れるまでがたいへんなです。授業時間が少ないようにも感じますが、宿題がたっぷり出るので、宿題に追われる日々を送ることになります。

アメリカの大学は「勉強しに行くところ」。留学を考える際には、このことを頭に入れておく必要があるでしょう。

※ 大学の授業や予習、宿題・レポートとその乗り切りかたについては「アメリカの大学の学業生活」を参考にしてください。具体的な留学生の様子は、留学体験記「ブラウン大学の日常。寮生活から勉強、週末の過ごしかたまで」(2021.3.13)などをご覧ください。

もっと話を聞いてみたいというかたは無料の「留学講演会」で栄 陽子によるユーモアたっぷりの留学事情をお聞きください!

大学留学 コンテンツ一覧

アメリカ留学についてお悩みのかたは
お気軽にご相談ください

アメリカ留学についてわかりやすく解説
した資料と当研究所のパンフレットを
お送りします。

資料請求

カウンセラーに個別にご相談
したいかたはこちら

留学相談

アメリカ留学のことが1日でわかる
講演会(無料)へのご参加はこちら

留学講演会

その他、どんなことでも
お気軽にご相談ください

お問い合わせ