アイビーリーグ(IVY League)

無料の留学ガイドを取り寄せる

アイビーリーグ(IVY League)とは、アメリカの名門私立大学8校の総称のことです。ハーバードをはじめ、イェール、コロンビア、プリンストンなど、いずれも世界中にその名を馳せる名門校です。アイビーリーグを目指したいという留学生も少なくありません。ここでは、アイビーリーグの成り立ちと8大学それぞれの特徴、そして留学生がアイビーリーグを目指すための対策を解説します。

―目次―

1. アイビーリーグとは
2. アイビーリーグの誕生
3. アイビーリーグと呼ばれるワケ
4. アイビーリーグ8大学それぞれの特徴
5. 【留学生 必読!】アイビーリーグに合格するには
6.【名門大学へ行くために!】アイビーリーグの入試対策

アイビーリーグとは

アメリカの伝統ある私立大学8校からなるアイビーリーグ。いずれの大学も長い歴史を誇り、世界的な知名度も高く、明日の社会を担うエリートたちが学んでいます。

これら8大学とは、創立順に、ハーバード大学(1636年創立)、イェール大学(1701年創立)、ペンシルバニア大学(1740年創立)、プリンストン大学(1746年創立)、コロンビア大学(1754年創立)、ブラウン大学(1764年創立)、ダートマス大学(1769年創立)、コーネル大学(1865年創立)を指します。どの大学も、全米はもちろん世界の大学ランキングで、常に上位に位置しています。これら8大学をまとめると、250名以上の卒業生がノーベル賞を受賞しています。名実ともに、まさに超一流大学のグループと言えるでしょう。

アイビーリーグの誕生

アイビーリーグのうち、コーネル大学を除いた7大学は、アメリカ合衆国の独立宣言がされる140年も前に創立されました。そして、地理的に見ると、8大学すべてがアメリカ北東部に集まっています。

これは、ヨーロッパからアメリカに渡る開拓者たちが上陸する場所が、ボストンやニューヨークだったからです。そこに上陸した人々が町を作り、学校として設けたのが現在アイビーリーグとなっている大学なのです。

開拓時代の当初は、キリスト教の聖職者が町のリーダー的役割を果たしていました。そしてハーバードも聖職者の養成学校のようなものでしたが、社会が求める人材のありかたが変わり、多様化するにしたがって、「幅広い教養を身につけ、人格的にバランスがとれた知識人」を育てていくようになります。このような教育を「リベラルアーツ教育」といいます。

現在ではアイビーリーグのいずれの大学も、大きな規模の総合大学として、大学課程だけでなく大学院レベルの専門的かつ先端的な研究に力を入れています。とはいえリーダーとしての素地を養うリベラルアーツ教育も、これらアイビーリーグ大学の教育の根幹として、いまでもしっかり息づいています。

アイビーリーグと呼ばれるワケ

(1)スポーツリーグとして

アイビーリーグは、本来8大学からなるスポーツリーグのことをいいます。日本でいうところの六大学野球のようなイメージです。

大学のスポーツチーム(※運動部)では、1軍のことをVarsityと呼びます。そして一軍同士で行われるスポーツ試合を指して“Inter-Varsity”といいます。このInter-Varsityを略したのがIVYというわけです。

ちなみに、アイビーリーグのフットボールシーズンを締めくくるのが、ハーバードとイェールによる“THE GAME”と呼ばれる試合です。この伝統試合の歴史は1930年にまでさかのぼります。日本の早慶戦といったところでしょう。

(2)植物のツタに由来

アイビーリーグの名前は、植物のツタ(英語でivy)に由来するという説もあります。アイビーリーグを含め、アメリカ東部の伝統ある私立大学では、卒業式にツタを植える風習がありました。そこでこうした大学を「アイビー大学(ivy college)」と総称することもあったのです。レンガ造りの建物とツタの組み合わせは、名門大学の趣きにふさわしいと言えます。

いまでは、アイビーリーグといえばスポーツリーグよりも、アメリカの東部に位置する伝統ある私立の「名門大学」を指して使われることの方が多いでしょう。この8大学に対して、「公立の名門」をPublic IVY、「南部の名門」をSouthern IVY、「小さな名門」をMini IVY、「隠れた名門」をHidden IVYなどと呼んだりもします。


アイビーリーグ8大学それぞれの特徴

アイビーリーグに属する8大学それぞれの特徴を、創立順にご紹介します。

ハーバード大学 Harvard University(マサチューセッツ州)

1636年創立。アメリカで最も長い伝統を誇る大学であるのに、学風はリベラルで革新的。「共和国の中の共和国、教会を越えた教会、すべての階層から選ばれた階層」とは、歴史家バーナード・ディボートの有名なハーバードの定義。いわずと知れた世界に名だたる名門大学で、図書館の蔵書数や基金の額もずば抜けている。Harvard Universityとは、じつはHarvard Collegeと11の大学院研究科から成る総称で、大学生は基本的にHarvard Collegeで学ぶ。ハーバード経営大学院でMBAを修めた三木谷浩史(楽天 創業者)が、ハーバードのスクールカラーであるクリムゾンを好み、楽天のロゴや楽天イーグルスのユニフォームにクリムゾンを用いていることは有名。

ハーバードに入るには? »


イェール大学 Yale University(コネチカット州)

1701年に誕生したアメリカで3番目に古い大学。アメリカがまだ植民地時代に、ハーバード大学が本国であるイギリス政府の命令をきかなくなったため、ハーバードの代わりとして創設された。いまでもやや保守的で穏健な学風が残っている。ハーバードとはライバル関係にあり、何かと比較される。政治学のカリキュラムは全米トップの評価。ブッシュ家が4代にわたってこの大学を卒業しているなど、政界に多くの逸材を送り込んでいて、政界とのパイプがしばしば取り沙汰されている。

ペンシルバニア大学 University of Pennsylvania(ペンシルバニア州)

アメリカ合衆国の建国の祖であり避雷針の発明者でもあるベンジャミン・フランクリンが1740年に創設した大学。全米初のビジネススクールとメディカルスクールを設けたことで知られるほか、アメリカで初めて“University”という名を冠した大学でもある。MBAの課程は全米で常にトップ評価を受けている。アメリカの大学におけるコンピュータの導入の先駆けでもあり、アイビーリーグの中では実学の先端を走っている。

プリンストン大学 Princeton University(ニュージャージー州)

1746年創立。大学院レベルの研究よりも、大学生への教育に重点を置き、学生の満足度もきわめて高い。学風はいくらか保守的だが、アイビーリーグで初の女性学長を迎えるなど、伝統と革新を融合させることにも努めている。大学の位置するプリンストン市は、世界有数のリサーチ機関であるプリンストン高等研究所やダウジョーンズ社などがあり、学術研究都市として名高い。

コロンビア大学 Columbia University(ニューヨーク州)

 1754年にニューヨークで創立。この大学がアイビーリーグの中で際立つのは、世界で最も国際的かつエキサイティングな街、マンハッタンに位置することに尽きる。キャンパスに1歩踏み入れば、街の喧騒が嘘のような、荘厳で歴史あるたたずまいに包まれる。学風は土地柄もあってリベラルで、学問の自由を尊び、学生の個性も際立つ。ピュリッツアー賞の授賞式が行われることでも知られるが、最近はオバマ大統領の出身大学としてより知名度を高めている。

ブラウン大学 Brown University(ロードアイランド州)

1764年創立。他のアイビーリーグ大学に比べてカリキュラムが柔軟性に富み、学生たちは競争を煽られることなく、リラックスして勉強できるという特徴で知られる。自らの興味に応じて選択できる自由が幅広いこともあって、学生の満足度はきわめて高い。日本での知名度はそれほど高くないが、じつは福沢諭吉がこの大学で聴講し、それがやがて慶應義塾の設立に結びついたという逸話もある。

ダートマス大学 Dartmouth College(ニューハンプシャー州)

もともとアメリカ先住民のための教育を目的として1769年に設立された。政府から“州立大学”になるように命じられたが、これを拒み(“Dartmouth Case”として有名な事件)、大学としての自治を大切にしている。その規模や教育の重点を見ると、総合大学というよりリベラルアーツ・カレッジに近いともいえる。アイビーリーグの中では唯一クォーター制(四学期制)をしいていて、個々の科目を短い期間で濃密に学ぶ。

コーネル大学 Cornell University(ニューヨーク州)

1865年創立。アイビーリーグの中では最も新参で、州から土地を寄与された、いわゆる「土地寄与大学(Land-grant University)」。農学などいくつかの学部は州によって運営されている。大学レベルだけで七つの学部があり、それぞれがある程度は独立しているため、大学全体の規模に比べると、学ぶ環境はこぢんまりとして教授とも親しい関係を築ける。大規模大・小規模大それぞれのメリットを兼ね備えているといえるだろう。この大学のホテル経営学は世界的に有名。

» 留学ブログ 人気の関連記事「ハーバードを含むアイビーリーグ8大学すべてに合格した学生」

【留学生 必読!】アイビーリーグに合格するには

アイビーリーグの8大学は「名門」の名を背負うだけあって、いずれも<超>難関です。2014年度の合格率を見てみましょう。

大学名 合格率 合格者数 出願者数
ハーバード大学 5.80% 2,023人 34,295人
イェール大学 6.70% 1,935人 30,932人
ペンシルバニア大学 9.90% 3,551人 35,788人
プリンストン大学 7.30% 1,939人 26,641人
コロンビア大学 6.90% 2,291人 32,967人
ブラウン大学 8.60% 2,619人 30,291人
ダートマス大学 11.50% 2,220人 19,235人
コーネル大 14% 6,025人 43,041人
(BUSINESS INSIDERより)

このような難関大学の合否はどのように決まるのでしょうか。じつはアイビーリーグに限らずアメリカの大学には、一斉の入試というものはありません。数々の項目を総合的に審査して、合否を決めます。その審査のよりどころとなる代表的なものが、以下の項目です(※大学によって求める項目や重視する項目はいくらか異なります)。

  • 高校4年間の成績(アメリカの高校は四年制が多いのですが、日本人の場合は高校3年間でかまいません)
  • エッセイ(作文)
  • 推薦状
  • SAT®/SAT®教科別テストのスコア
    (SAT®とは全国共通テストのことで、年に7回実施されます。高校2年生の頃から何回か受けることができます。日本でも年に6回受験できます)
  • TOEFL®テストのスコア
  • 課外活動
  • 面接

【名門大学へ行くために!】アイビーリーグの入試対策

アメリカの大学には、これらの項目を総合的に審査して合否を決める専門の部署があります。この部署をAdmissions Officeといいます。Admissions Officeは入学審査のプロフェッショナル部門です。いかにAdmissions Officeに「この学生をぜひ我々の大学に迎え入れたい!」と思わせるかどうかが、出願する側としての対策ということになります。

とはいえ、こうしたアメリカの大学の入学審査は、私たち日本人にはわかりにくいところがあります。高校の成績やテストスコアは数字で良し悪しが判断されるものですので、「できるだけよい成績・スコアをとる」ことが、いわば入試対策になります。しかしSAT®にしろ、TOEFL®テストにしろ、そのスコアだけで合否は決まりません。むしろ“ほぼ満点であたりまえ”という位の感覚でしょうか。 なので、他の出願者と差を付けるためには他の審査項目であるエッセイや推薦状、面接において、すぐれた資質を大学に示さなければなりません。しかしこれらの項目は、各大学が何をもって合格・不合格の判断をされるのかという基準が違うので、対策が立てづらいのが現状です。


アメリカの、ひいては世界のエリート教育を担っているアイビーリーグ。この超名門8大学が求めるのは、学業に秀でていて、スポーツや芸術に積極的に取り組み、リーダーシップと社会への貢献意識を兼ね備える生徒たちです。勉強に熱心であるのはもちろん、毎日の生活をいかに充実させていくかが合格のカギを握るともいえるでしょう。

栄 陽子留学研究所では、これまでアイビーリーグを含めアメリカの数々の名門大学への留学を実現させてきました。奨学金を得た実績も豊富にあります。世界レベルで「名門」と呼ばれる大学にチャレンジしたいという方は、ぜひ留学相談をお受けください。

留学相談 資料請求



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求