音楽留学

だれでもが音楽を楽しめる

アメリカの大学では、本格的に音楽を勉強してこなかった人でも音楽を専攻できます。もちろん日本の音大に相当するような専門大学もありますが、ごく普通の大学で音楽を学べるようになっています。ジャズやコンテンポラリーの音楽も、専攻として確立されています。出願する時点での音楽のバックグラウンドや演奏のレベル、ジャンルの興味にかかわらず、だれにでも音楽を勉強できるチャンスが与えられているのがアメリカの大学です。このような事情からアメリカの大学で音楽を勉強しようという留学生もたくさんいます。

アメリカの音楽の特徴の一つが、その庶民性です。教会の讃美歌に代表されるように、音楽はだれでもが楽しめるものであり、参加できるものです。どんな小さな田舎町にもコンサートホールやクラブがあり、そこで催されるライブやコンサートは、住民たちで満員になります。少し大きな町になればオーケストラがあって、その町の大きな誇りとなっています。名も知られていない小さな町のライブハウスでは、ときにびっくりするほどすばらしい演奏をする人もいます。いわゆるストリートミュージシャンがプロ顔負けの演奏をしているのを目の当たりにするのも、アメリカではめずらしくありません。

アメリカの音楽の多様性

19世紀の奴隷制度は黒人文化を開花させ、そこからブルースやジャズ、黒人霊歌やゴスペルが生まれました。アメリカをルーツとするまったく新しい音楽が、ヨーロッパ音楽に与えた影響ははかりしれません。日本で一時期流行になったポップス・アカペラも、アメリカに渡ってきたイタリア系移民の床屋さんが、お客を楽しませるために歌ったのが始まりとされています。

クラシック音楽についていえば、ガーシュインやフォスターの登場を待つまでもなく、ニューイングランド楽派と呼ばれる音楽家たちが、ヨーロッパとは異なる、独自のスタイルを築く努力をしています。もちろんだからといって、ヨーロッパの古典音楽が軽視されてきたわけではありません。ヨーロッパ生まれの伝統ある音楽も含めて、いろいろなジャンルの音楽が融合し、そこから新しい音楽が生まれるなどして、じつに多様性に富んだ音楽が、アメリカでは展開してきたのです。この多様性は、「初心者でも音楽を専攻できる」「クラシックだけでなく、ジャズやポピュラー音楽など、さまざまなジャンルを学べる」というアメリカの大学における音楽教育の特徴でもあります。

アメリカの大学で学ぶ音楽

アメリカでは、じつに1000以上の大学が音楽の課程を設けています。まったくの初歩から音楽を学べる大学もあれば、厳しい審査を通らないと入学できない大学もあります。

学べる内容もさまざまで、器楽(Performance)一つをとってみても、

  • 楽器:ピアノ、ギター、弦楽器、管楽器、打楽器など
  • ジャンル:クラシック、ジャズ、教会音楽、コンピュータ音楽、民族音楽など

というように、楽器とジャンルの組み合わせの数だけ、課程を見いだすことができます。

クラシックの系列を見ても、古典、バロック、ロマンに限らず、ガーシュインやドビュッシー、現代音楽、民族音楽や電子音楽も学ぶ対象になります。ほかには指揮、作曲、音楽理論、音楽史、音楽ビジネス、音楽教育、ミュージックセラピーなどが、音楽にかかわる専攻分野として挙げられます。

大学に出願する時点で音楽を専攻することを決めておく必要はありません。多くの大学では、2年生の終わりまでに専攻を決めればよいことになっています。また音楽とはまったく異なる分野とあわせて専攻すること(ダブルメジャー)もできます。

アメリカの大学に入学して、いくつか音楽の科目をとっていくうちに、本格的に音楽を勉強したいとなれば、その道が開かれているのが、音楽留学の一つの魅力だといえるでしょう。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求