小さな女子大から編入に挑戦した、玉木さんの大学留学体験談

玉木 淑子

Long Island University - C.W. Post Campus(ニューヨーク州)在学中
演劇専攻、コンピュータサイエンス副専攻

Transferを決意して

1997年の5月に日本を発ち、オハイオ州に3か月(英語学校)、ペンシルバニアに2年(Cedar Crest College)、そしてニューヨークに3年(Long Island University - C.W. Post Campus)......。長くも短くも感じる充実した5年間でした。その間、さまざまな人に出会い、思いもかけない出来事に遭遇し、多くを学び、精神的にもかなり鍛えられました。

2年間在籍した小さな女子大Cedar Crest Collegeを去ることについては、周囲に、卒業が延びるからと勧められませんでしたが、自分の学びたい学部が満足するものでなかったことと、学校の規模があまりにも小さすぎ、月日がたつにつれて窮屈さを感じたのと、すべてを無駄にしたくなかったので、思い切ってtransfer(編入)をしました。

インターネットで自分の希望に合った学校を探すことから始め、実際に学校を見学し、推薦状をアカデミックアドバイザーやプロフェッサーに書いてもらい、意外にすんなりtransferをすることができました。面倒だと思い、途中であきらめてしまう人が多いようですが、不満を抱えながら日々を過ごすより、より良いものを自分で選んでtryしてみることは、あきらめて後悔するよりずっといいと思います。また、アメリカの大学は、transferが日本でするよりずっと簡単だと思います。

ニューヨークにtransfer後の大学生活は、ペンシルバニアのものとは全く違い、今でも休みの度に訪れるペンシルバニアと現在のニューヨークとの生活環境の違いに自分でも驚いています。場所が違えばそこにいる人間も違うし、状況も変わってくる......当り前のことではありますが、興味深いものです。


自分専用のカリキュラムをつくる

Transfer前にかなりの単位を取っていたので、一夏ですべてのGeneral Requirements(一般教養の必修)を終えることができ、残り3年間をmajor(専攻)とminor(副専攻)に専念することができました。

私のmajorは演劇で、minorはコンピュータサイエンスでした。授業後、夜11:00までのリハーサルが火〜金曜日にあり、ショーがオープンすると週末さえないという忙しいスケジュールでしたが、うまく時間をつくることを学び、1学期、1学期、気力と体力で乗り切りました。 majorが忙しいからといってminorをおろそかにしたくはなかったので、どうしてもスケジュールが合わないときは、コンピュータサイエンスのChair(学部長)と組んで、プライベートにプログラムをつくり、単位をもらいました。

計5年かかっての卒業でしたが、多くの人々に出会い、多くのことを学び、考え、そこから得たものは私のこれからの人生でかけがえのないものになると思います。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求