学生が陥りがちな交換留学と認定留学の罠

このページが気に入ったら→ 

留学のことは大学に入ってから考えればいい?

私の留学講演会(※毎月、東京と大阪で開催しています 詳しくはコチラ)に参加する人の中には、大学生がとても多くいます。それも1年生や2年生が中心です。彼らは編入留学認定留学のことを知りたくてやってきます。

さて、日本の高校は、大学受験一色です。大学受験こそが人生のすべて、という雰囲気すらあります。大学は、人生の通過点の一つに過ぎませんが、大学受験で人生すべてが決まるかのように、親も先生も本人も思っています。

ですから留学のことも、まず日本の大学に入学してから考えれば良いと思っています。たしかに、どの大学も国際化をうたっていて、たくさんの留学プログラムを用意していますし、気の早い学生は、入学してすぐに留学のことを調べ始めます。

しかし、留学したいのであれば、そもそも大変な時間と労力がかかる大学受験などせず、はじめからアメリカの大学へ進学をすれば良いのではないでしょうか。まぁ、現実的にこういう思い切った決断をする人が少ないということは、日本人の価値観の中にある国際化は残念ながらさほど進んでいないということなのでしょう。

話を戻して、ともかく今回はよく学生にきかれる編入留学と認定留学について詳しく紹介していきます。

日本の大学の留学商品:交換留学

「交換留学」という大学の目玉商品は、冷静に見てみると、なかなかエントリーが難しいのです。成績もさることながら、TOEFL®テストの点数も高いものが求められます。平均的な同級生よりかなり高いレベル、英検1級程を要求されるのもザラです。なので、在学生のすべてが交換留学できるわけではありません。実際に留学出来るのはほんの一握りです。

さらに交換留学はだいたい1年です。そして当然のことですが1年間大学を休むことになるので"卒業が1年間遅れます"。

この交換留学以外にもいろいろな留学ブログラムが用意されていますが、ほとんどが英語留学(語学留学)です。これは、"アメリカの大学"に留学するものではありません。ただアメリカにある"英会話スクール"に一定の期間通うだけのものです。

ちなみに、この英会話スクール自体が大学内の教室で行われることもあるので、あたかも大学に留学するかのごとく勘違いされやすいので注意が必要です。また、"英会話スクール"なので当然ですがアメリカ人はいません。教室には英語の喋れない中国人や韓国人が溢れています。

認定留学の落とし穴

さて、認定留学はどうか、となると、どういう仕組みになっているのやら、よくわかりません。その理由は後ほど記述します。とりあえず、一般的には「日本の大学に在学中に、留学先を自分で選んで1年間留学し、その間に取得した単位を、帰国後に日本の大学に認めてもらう」というのが認定留学のシステムです。

しかし、下記にあるようなケースで認定留学の"罠"にはまる場合があります。

Aさんは認定留学をしたいのですが、留学の費用が足りず、アメリカの大学から奨学金を得たいと思っています。ところが日本の大学の先生からは「二重在籍になるといけないので、留学希望の大学に『1年だけ留学します』と伝えなさい」と言われました。
しかし、アメリカの大学は"1年しか学ばない人"に奨学金は出しません。卒業するという前提で、留学先の大学に「編入」をして、奨学金をもらって、1年でやめるのは本人の自由です。でも、はじめから1年だけという話では、奨学金どころか、入学すらさせないという大学もあります。

また1年間の留学というのは、卒業を目的としない学生ということで、アメリカではNon-Degree Studentと呼ばれています。日本でいうところの聴講生のようなものです。この学生には、少し不利なところがあって、授業を登録するときにDegree-Seeking Student(卒業を目的として学んでいる学生)が優先されるため、人気のクラス受講出来ないことがあるのです。

そしてここからが一番重要です。認定留学は、アメリカの大学で取得した単位を、日本の大学が認めるというものですが、日本のどの大学もはっきりした規定がありません。また、だれが責任をもって単位を認めるのか(※一応、教授会ということになっていますが)はっきりしていないのです。

大学2年生のときに留学するのなら、日本の大学の2年生が履修する科目と同じか、それに近い科目をとらなければ、単位は認められません。なので、留学する前に履修科目が該当するかどうかを確認しないと危険です。ただ、上記の理由で確認がとれるかどうかはわかりません。

また、大学3年生ですと、日本の大学では専門的な授業になっています。仮に法学部なら一般教養でなく、法律専門の授業をとっている時期です。しかし、アメリカでは法学専門の授業は、基本的に大学院からしかありません。なので法学部で認められる単位がそもそも取れないケースがあります。

つまり、せっかくの認定留学なのに単位が認定されない可能性が山ほどあるのです。

第3の選択肢:編入留学のメリット

アメリカの大学に「編入する」留学であれば、日本の大学の単位を認められ、2年なり3年なりでアメリカの大学を卒業できます。奨学金を得ることも可能です。また、外国の大学を卒業する日本人向けの就職方法があって、大抵1、2回の面接で入社できます。外資系の会社にも入社しやすく、日本の大学に戻ってリクルートスーツに身を包み、汗と涙を流す必要もありません。

当研究所には、親が留学していた、兄弟が留学していた、あるいは留学中という大学生がよく相談に来ます。親や兄弟が留学しているにもかかわらず、本人は、日本の大学受験以外に考えることはできなかったと言います。

そしてその内の何人かが「編入」というかたちでアメリカの大学に行くことになるのですが、こんなことなら日本で大学受験なんかしなければよかったと親は嘆きます。なぜなら日本の大学に入学するのに親はものすごく高額な費用を負担しているからです。予備校の費用や大学の受験料、入学金、地方の人ならその上にアパート入居費用など、もろもろです。

ちなみにアメリカの大学に入学金はありません。生活の場は寮ですし、ご飯も三食でてきますから、余計なお金もかかりません。

もちろん、1年後にやっぱり日本に帰るということで、日本の大学に戻ってもかまいません。アメリカの大学はそれまでの成績表をちゃんと出してくれます。

でも、日本の大学はそんなフレキシブルなアドバイスなんてしてくれません。留学は、交換留学か認定留学なのです。二重在籍はダメ、1年しか行けない、というのはよく耳にする話です。何だかおかしなシステムですよね。日本の大学は、国際化ですらも型にはまっているのでしょう。


人気記事

» 栄陽子の留学コラムトップへもどる


栄 陽子の留学講演会(無料) 留学研究所について詳しく!

栄陽子プロフィール

栄 陽子留学研究所所長
留学カウンセラー、国際教育評論家

1971年セントラルミシガン大学大学院教育学修士課程を修了。帰国後、日本で留学カウンセリングを立ち上げ、留学指導を行い、これまでに7000人以上の留学を成功させる。留学関係の著作も多数。 » 栄 陽子留学研究所について