カテゴリー: 成績 

アメリカの大学では成績が悪いと退学になると言われましたが、本当でしょうか?

アメリカの大学では成績が悪いと退学になる、ということを聞きました。留学してやっていけるか心配です。


アメリカの大学では「悪い成績=退学」です。

「アメリカの大学は卒業するのがむずかしい」といわれる理由の1つが、成績不良者に対する厳しい措置です。

一般的には、GPA(成績の平均値)が 2.0未満だと、大学から警告書 (warning) が発行され、probation(仮及第)となります。Probation はいわば保護観察・執行猶予の期間で、GPA2.0を2学期続けて下回ってしまうと退学 (dismissal) となります。

GPAが2.0というのは、100点満点だと70点です。つまり70点平均を2学期続けて切ると、退学になるということです。

たとえば、1年生の最初の学期でGPAが1.8だったとします。すると大学から、次の学期の終わりまでにGPAを2.0まで上げなかったら退学に処する、という旨の警告(warning)が来ます。

次の学期が仮及第 (probation) の期間になります。

その学期の終了までにGPAを2.0まで上げるには、最初の学期がGPAが1.8だったわけですから、この学期に最低2.2以上のGPAを獲得しなければ平均で2.0には達しません。この学期でもし2.2以上のGPAをとれなかったら、退学処分となります。

退学の措置に伴って、大学から発行されている I-20(入学許可証)が無効となるので、留学生の資格が失われます。つまり帰国を余儀なくされるわけです。

ある大学では、単位数に応じて最低限とるべきGPAを以下の通り定めています。

取得単位が、

・35単位まで:1.66
・61単位まで:1.80
・89単位まで:1.95
・90単位以上:2.00

この場合、取得単位が61単位の時点で GPA1.8であればセーフ。
取得単位が61単位を越す時点で GPAを1.95以上まで上げられなければ、仮及第もしくは退学。

アメリカの大学に留学すると、このGPAにいやでも神経質にならざるを得ません。成績は学期の中間と期末に通知されます。この通知が「怖い」という体験も留学生ならではといえるでしょう。

新学期を迎えたときに、同級生の何人かの姿が消えていた、なんてことはよくあります。退学になっていた、というわけです。「日本の大学生」の感覚で留学しないことが大切。みなさんもくれぐれも気をつけましょう。

なお、アメリカの大学は「単位制」ですので、取得単位の数によって学年が決まります。「留年」という考えかたはありません。成績が悪いから進級できないということはなく、成績が悪ければ退学になる、ということです。

あわせて読みたいページ
アメリカの大学は成績も交渉次第! 交渉上手なのは女子? 男子?
https://www.ryugaku.com/sakaecolumn/seisekinokousyou.html
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学の授業で課される「ペーパー」って何ですか?

アメリカの大学では、ほとんどの授業で「ペーパー」が課されると聞きます。「ペーパー」とはどのようなものなのでしょうか? 回答を見る

Q. 大学留学でアメリカの大学に編入する場合、単位認定の査定はどのようにおこなわれるのでしょうか?

日本の大学で履修した科目の単位は、アメリカの大学に留学するときにどのようにして認めてもらうのでしょうか? 回答を見る

Q. 入寮手続きはどのようにするのですか?

入学が決まったら入寮手続きはどのようにするのですか? 回答を見る

» 「成績」についてよくある質問一覧に戻る