カテゴリー: 英語力&語学力  授業 

留学している方は、アメリカの大学の授業を理解できていますか?

留学を考えていますが、大学の授業についていける自信がありません。留学生のみなさんは、どのように英語の授業を乗り切っているのでしょうか?


優秀な留学生でも、アメリカの大学の授業を100%理解することはありません。

アメリカの大学に留学して、最初の授業で先生の言っていることがわかるなんてことはありません。

はっきりいってチンプンカンプンです。さっぱりわからなくて頭の中が真っ白になるでしょう。「もう絶望した! 日本に帰る!」という気持ちに追い込まれるはずです。

これは、英語が得意な人も、そうでない人も同じです。最初の授業はガクゼンとするほど「まったくわかりません」。

アメリカ人の先生は、体も声も大きくて、ゼスチャーもオーバー。早口でまくりたてるようにしゃべります(少なくともそのように聞こえてしまいます)。そんな先生にまず圧倒されます。

また先生の英語は、どうにか単語くらいは拾えても、クラスメイトの英語となると、先生よりもわかりにくいものです。話しかたがくだけているからです。

ではいつになったら、アメリカの大学の授業についていけるようになるのでしょうか。

まぁ最初の1年を乗り切れば、なんとなくアメリカ流の授業の運びかたには慣れることでしょう。とくに自分の好きな分野・得意な分野の授業は、それなりについていけるはずです。

アートや音楽、数学など、英語があんまり要求されない科目も、乗り切りやすい科目です。

そうはいっても、本当のところは、卒業までやっぱりむずかしかった、という留学生が多いのです。

大事なことは、ともかく、あきらめないこと。不安になったり、ノイローゼになりそうになったら、いまはわからなくて当たり前と腹をくくり、「わからない状況に慣れる」ことです。腹をくくったら、そこからが本当の始まりです。

最初から「すべてわかろうとしない」こと、「パーフェクトを狙わない」こと、これが肝心。すべてをわかろうとしたりパーフェクトを狙おうとすると、自信を喪失したりして、挫折しかねません。

アメリカの大学には、学習をサポートするシステムがしっかり整っています。たとえばチューターといって、上級生がマンツーマンで補講してくれる制度もあります。小さな大学では先生も学生もみんな親切です。

「助けを求める」ことも、授業を乗り切るための大切なスキルです。

留学は短距離競走ではなく、マラソンだと思いましょう。もちろ予習・復習は欠かしてはなりませんが、決して「ムリなこと」が要求されることはありませんので、マイペースを心がけましょう。

地獄のような? 期末試験の前の留学生の一日:を書いたブログです。
読んで頂きたいです。

https://www.ryugaku.com/blog/entry/a-day-before-final-exam-ann.html

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 「アメリカの大学に留学したい」と言ったら、自分で手続きできないとダメと言われ困っています。

アメリカの大学に留学したいと思っていますが、留学の手続きは自分でやるものなのでしょうか? 回答を見る

Q. アメリカに大学留学をしたいのですが、「条件付き入学」とは何でしょうか?

アメリカの大学に入るのに「条件付き入学」というのがあると聞きました。これはどのような入学方法なのでしょうか? 回答を見る

Q. コロナの影響で入国のビザが出ないと聞きました。今は大学に留学できないのでしょうか?

コロナのためにアメリカに入国するビザの取得がむつかしいと聞いています。大学への留学は現実的ではないのでしょうか?  回答を見る

» 「授業」についてよくある質問一覧に戻る