留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学の授業を留学生のみなさんは、理解できているのでしょうか?

実は英語で行われる授業、私はサッパリわからなくて、困っています。留学生のみなさんは、理解できているものなのでしょうか?

ほとんどの留学生の方は、あなたと同じように授業を理解できていません

「最初の授業はチンプンカンプン」

最初の授業に出て、先生の言っていることがわかる、なんてことはまずありません。
さっぱりわからなくて頭の中が真っ白になるでしょう。英語はわからなくて当たり前と割り切ってしまいましょう。

アメリカで授業が始まったらTOEFL®テストのスコアが高い人も低い人も、実は、みんな困っています。

体も声も大きく、ゼスチャーがオーバーな、早口でしゃべるアメリカ人の先生に圧倒されてしまいますし、先生によってはわかりにくい英語を話したりする人もいるので、何が何だかわからないもの。

いつになったらわかるようになる?:

2年いたら全部がわかるようになるとか、いろいろ言いますが、本当のところ、卒業までやっぱりなかなか難しかった、という留学生が多いのです。

一方、自分の得意な分野の学習は、そのうち慣れてきて、わかるようになるのですが、あまり知らない分野のことはサッパリです。


しかし、いつか、ボンと「英語がわかると思う時期がくる」「必ずわかるようになる」と信じることです。

ともかく、あきらめないこと。不安になったり、ノイローゼになりそうになったら、今はわからなくて当たり前と腹をくくり、「わからない状況に慣れる」ことです。腹をくくったら、そこからが本当の始まりです。


最初から「すべてわかろうとしない」こと、「パーフェクトを狙わない」こと、これが肝心。すべてをわかろうとしたりパーフェクトを狙おうとすると、自信を喪失したりして、挫折しかねません。

「ぎりぎりのところ、退学させられない成績で大学に生き残ろう」というくらいの気持ちで踏ん張ってください。

留学は短距離競走ではなく、マラソンだと思って勉強するほうがいいでしょう。そして、もちろ予習・復習は欠かしてはなりませんね。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学の授業で配られる「シラバス」って何ですか?

   回答を見る

Q. 出願したアメリカの高校から「最初の1年はESLに集中」することが条件として提示されました

出願したアメリカの高校から、「英語力の不足を補強するために、最低でも1年間はESLの科目を集中してとること」を入学条件として提示されました。どういうことでしょうか。   回答を見る

Q. アメリカの大学の授業で課される「ペーパー」って何ですか?

アメリカの大学では、ほとんどの授業で「ペーパー」が課されると聞きます。「ペーパー」とはどのようなものなのでしょうか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求