留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学に出願するまでの時間管理(タイムマネジメント)の考えかたを教えてください

アメリカ留学に向けて、どのように出願までの時間管理をすればよいのでしょうか?

アメリカ留学の準備のカギを握るのがタイムマネジメントです

アメリカの大学には一斉の入試がありません。すべて書類審査で合否が決まります。大学によっては面接も必要です。

アメリカの大学が審査する書類とは、
・願書
・エッセー(志望理由や自己アピールをつづった作文)
・推薦状
・テストスコア
などです。

こうした書類によって審査を行うアメリカの大学への出願にあたっては、それらの出願書類の内容をいかに充実させ、質を高めるかが重要になります。

とくにエッセーなどは、アイデアを練ってから題材を選び出し、全体の構成を考え、書いては修正するという繰り返しの作業となります。

推薦状についても、実際に推薦者に依頼するまでに、どの先生に、どのような観点から書いていただくのが望ましいのかを考慮しなければなりません。

テストは、TOEFL(r)テスト、IELTS(TM)、SAT(r)などがあります。これらは複数回、受けることができます。時間をかければ必ずスコアが上がるというものでもありませんが、ある程度の「慣れ」がスコアに影響することはあるでしょう。

またアメリカには4,000もの大学があります。この中から、自分にとってふさわしい大学を選び出すのは、そんなに簡単な作業ではありません。いくつもの大学のWEBサイトを比較して、時間をかけてじっくり考えなければなりません。

アメリカの大学に9月から留学する場合の出願期限のピークは、1〜3月です。それぞれの大学が設けている出願期限までに、その大学が要求している通りの書類を、魅力たっぷりに作成しなければなりませんので、出願までのタイムマネジメントが、合格を勝ちとるために非常に重要なポントになります。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの高校に提出するエッセイを書くコツを教えてください

アメリカの高校へ留学する際に、出願書類としてエッセイの提出が求められると聞いています。エッセイの書きかたのコツがあれば教えてください。   回答を見る

Q. 高校留学をするときに必要になるTOEFL®テストって何ですか?

アメリカの高校に留学するためには、TOEFL®テストというテストを受けなければならないと聞いています。このテストはどのようなテストでしょうか。   回答を見る

Q. アメリカの大学への出願形式のうち、Early DecisionとEarly Actionの違いを教えてください

アメリカの大学に出願するにあたって、Regular Decisionよりも早く出願する方法として、Early DecisionとEarly Actionがあると聞いたことがあります。これらの違いは何ですか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求