カテゴリー: 書類の準備 

アメリカの大学への出願準備の「カギ」は何ですか?

アメリカの大学に出願するために、出願締切日までにさまざまな書類をそろえて提出しなければならないと聞いています。その準備にあたり、心がけることは何ですか?


アメリカ留学の準備のカギを握るのがタイムマネジメントです。

アメリカの大学には一斉の入試がありません。すべて書類審査で合否が決まります。大学によっては面接も必要です。

アメリカの大学が入学選考にあたり審査する書類とは、
・願書
・成績証明書
・エッセイ(自分の考え方や価値観を示した作文)
・推薦状
・TOEFL®テスト、IELTS™、SAT®などのテストスコア
などです。

出願にあたり、これらの出願書類の内容をいかに充実させ、質を高めるかが重要になります。

特にエッセイはアイデアを練ってから題材を選び出し、全体の構成を考え、書いては修正するという繰り返しの作業となります。

推薦状についても、実際に推薦者に依頼するまでに、どの先生に、どのような観点から書いていただくのが望ましいのかを考慮しなければなりません。

テストは、TOEFL®テスト、IELTS™、SAT®)などがあります。これらは複数回受けることができます。時間をかければ必ずスコアが上がるというものでもありませんが、ある程度の「慣れ」がスコアに影響することはあるでしょう。

アメリカには4,000以上もの大学があります。この中から、自分にとってふさわしい大学を選び出すのは、容易な作業ではありません。いくつもの大学のウェブサイトを比較して、時間をかけてじっくり考えなければなりません。

アメリカの大学に9月から留学する場合、出願期限のピークは1〜3月です。それぞれの大学が設けている出願期限までに、その大学が要求している通りの書類を、魅力たっぷりに作成しなければなりません。そのためには、どの書類をいつまでに仕上げるか細かくスケジュールを立てて管理していく必要があります。出願までのタイムマネジメントが、合格を勝ちとるために非常に重要な「カギ」になります。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学の授業で悪い成績を残さない方法はありますか?

アメリカの大学で悪い成績をとるとGPAが下がるので困ります。GPAを下げないために、その科目の履修をとりやめることはできますか? 回答を見る

Q. アメリカの大学に出願するときに、面接を必ず受けなければならないのでしょうか?

アメリカの大学は書類審査のほかに面接も行うことがあると聞いたことがあります。この面接は留学生にも必須なのでしょうか? 回答を見る

Q. 留学した大学は、編入のために、別の大学への推薦状を書いてくれるのか?

留学先の大学を辞め、他の大学に編入すると聞けば、大学にはいい顔されないのかな?と心配しています。あるいは気持ち良く協力してくれるでしょうか? 回答を見る

» 「書類の準備」についてよくある質問一覧に戻る