留学Q&A(留学の応援課)

編集する

留学生もアメリカの大学から奨学金をもらえるのでしょうか?

アメリカの大学は奨学金制度が充実していると聞いたことがあります。留学生でも奨学金をもらえるのでしょうか?

留学生でもアメリカの大学から奨学金をもらえるチャンスがあります

アメリカの大学の学費の高騰はすさまじく、奨学金をセットにして考えないと、アメリカ留学を実現することがむずかしい時代になりました。

英語が母語ではない留学生がアメリカの大学から奨学金をもうのはむずかしいと思う人も多いと思いますが、じつは、アメリカの大学から留学生が奨学金をもらえるチャンスは決して小さくありません。

留学生が得られる返済不要の奨学金には、大きく分けて、
(1)すぐれた学生に与えられるメリット型奨学金と
(2)学資不足を補うために与えられるニード型奨学金
とがあります。

・メリット型奨学金
メリット型奨学金(Merit-based Scholarship)は、学業成績のよい学生や、スポーツ・芸術・ボランティア等にすぐれた活躍をした学生に与えられるものです。

奨学金の額は、1,000ドルから20,000ドルまでさまざまで、学費が全額免除されるケースもあります。

・ニード型奨学金
ニード型奨学金(Need-based Scholarship)は、学費を全額支払うことが困難な場合に、不足を補助するために与えられるものです。

この奨学金を得るためには、かなり複雑な申請プロセスを経なければなりません。提出書類や記入項目もたくさんあり、申請そのものにたいへんなエネルギーがかかります。


奨学金授与の方針は大学によって異なりますし、留学生のための奨学金の予算の配分も年々異なります。去年はもらえたけど今年はもらえない、といったケースもめずらしくありません。

成績がよいのはもちろん、人として「魅力的な」出願者であれば、アメリカの大学から奨学金を獲得できる可能性が十分ありますので、高校や大学での成績をつねによくしておき、いろいろな課外活動にも積極的に参加することを心がけましょう。


あわせて読みたい関連ページ
「返済不要の奨学金を得てアメリカの大学に留学」
https://www.ryugaku.ne.jp/knowledge/scholarship
(外部リンク)




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学に出願するには、財政能力証明書が必要なのでしょうか?

アメリカの大学に出願するにあたって、財政能力証明書が必要になると聞いたことがあります。具体的にはどのような書類を提出するのでしょうか?   回答を見る

Q. アメリカの私立高校には、裕福な家庭の子どもたちばかりが集まるのでしょうか?

アメリカの私立高校の生徒たちは、裕福な家庭の子どもたちばかりなのでしょうか。   回答を見る

Q. 合格したアメリカの大学への学費と寮・食費はいつ、どのようにして支払うのですか?

入学する予定のアメリカの大学への学費等の支払いはどのようにすればいいのでしょうか。   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求