留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学の授業で悪い成績を残さない方法はありますか?

アメリカの大学で悪い成績を取るとGPAが下がるので、困ります。GPAを下げないために、その科目の履修をとりやめることはできますか?

手に負えないと感じた授業なら、早めに受講を取り消すことができます

悪い成績をカバーするテクニック、ドロップ・アンド・アッドとウィズドロー:

ある科目を登録して勉強したけれど、どうも手に負えない予感。できるなら、それを記録に残さないようにしたいと考える場合には、いくつか方法があります(勧めているわけではありませんが・・・)。

①ドロップ・アンド・アッド(drop and add)

Dropは、ある科目を取ったけれど、ちょっと手に負えないと感じたり、いい成績が取れないとわかったら、学期の最初(だいたい成績が残るほど授業が進んでいない時期)なら取り消すことができます。
このdropができる期間はスクール・カタログで最初に確認をしておくことが必要です。
履修を取り消したら、その科目の成績は残りません。

一方、この期間中に新たに科目を追加することをaddといいます。気をつけたいのが、dropしたことによって、full-timeの学生として、最低取らなければならない単位数を下回らないようにすることです。
その場合は、その穴埋めの科目を追加(add)しなければなりませんね。
Dropとaddができる期間は、だいたい学期が始まって2週間以内くらいです。

②Drop and addのできる期限を過ぎた後の方法

これはウィズドロー(withdraw:「取り消す」の意)といい、大学によって何科目withdrawできるのかが異なります。
これは、科目の登録を抹消することができるシステムです。この場合も成績は基本的に残りません。
ただし、withdrawした時点の成績により、WP(withdraw pass:その時点でパスしている状態)の成績であったか、WF(withdraw failure:その時点でパスしていない状態)かのどちらかの記録が残ります。Withdrawできる期限は、やはり大学によって決められています。

注意すべきことは、留学生の場合、1学期に12単位以上取らないといけないことです。12単位しか科目を登録していない大学生は、withdrawして科目を取り消したとすると、単位が12単位に満たなくなるので、withdrawはできないことになります。
また、withdrawするには、アカデミック・アドバイザーや担当の先生の許可が必要です。

③再挑戦する方法

DやFを取ってしまっても、場合によっては再挑戦することができます。これをリテイク(retake)といいます。
このretakeでいい成績が取れたら、前のDやDが新しい成績に置き換えられて消えるわけです、退学かどうかの瀬戸際には考えられる方法です。ただし、大学によっては、最初に取った成績が残るので要注意。大学によっては、retakeしたときの成績と最初に取った成績と比べて、悪いほうを消してくれることもあれば、Cを取ったクラスをretakeさせてくれる大学もあります。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学の授業で悪い成績を残さない方法はありますか?

アメリカの大学で悪い成績を取るとGPAが下がるので、困ります。GPAを下げないために、その科目の履修をとりやめることはできますか?   回答を見る

Q. アメリカの大学では成績が悪いと留年ではなく、退学になるといわれますが、事実ですか?

成績が悪いと留年、それが当たり前である日本の大学ですが、アメリカの大学ではそれが通用しそうもなく、留学してやっていけるのかが心配です。仕組みを知りたいです。   回答を見る

Q. アメリカの大学にインコンプリートという制度があることを知りました。どのようなときに活用すればいいでしょう?

   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求