留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学に入ってすぐに受けるplacement test ってどんな意味をもちますか?

アメリカの大学に留学したら、すぐにplacement testというテストがあると聞きました。これって何を審査するのですか?

アメリカの大学で行う placement test は英語と数学のテストで、レベルの振り分けをします

アメリカの大学のキャンパスに着いて、オリエンテーションの翌日あたりに、プレイスメン・テストという、英語と数学のテストを受けます(placement testのない大学もあります)。
これは数学と英語に関してどのレベルのクラスに振り分けるかを決めるテストで、結果が悪いからといって合格が取り消しになることはありません。

数学に関しては、日本の中学・高校で学ぶものは、世界的にもレベルが高く、文系の人でも、数学では相当の点数が期待できます。たとえば、微分積分(calculus)レベルの数学は、日本人留学生にとっては難しくありません。

問題は英語のplacement test。留学生専用のテストを設けている大学もあれば、留学生もアメリカ人と同じテストを受けるようになっている大学もあります。

この結果によって、場合によっては、取らなければならないESLのクラスの数や、取る科目、単位数などが決まる場合もあります。 

たとえばTOEFL®テストでよいスコアの人でも、このテストで結果が悪ければESLのクラスをたくさんとらなければならないこともあります。




同じカテゴリー内の質問

Q. 専攻に入って、必須の科目を取ってない場合の対処方法はありますか?

   回答を見る

Q. 高校留学における授業では、1クラスの生徒数はどれくらいでしょうか?

高校留学をすると、少人数制の授業を受けることになると聞いたことがあります。実際には1クラスの生徒数はどれくらいなのでしょうか。   回答を見る

Q. アメリカの大学の授業で配られる「シラバス」って何ですか?

   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求