カテゴリー: 成績 

アメリカの大学に留学するためには学校の成績はどのくらい重要なのでしょうか?

アメリカの大学に出願する際に成績証明書を提出する必要があると聞きます。学校の成績はどのくらい重要なのでしょうか?


アメリカの大学に留学するために、高校・大学の学業成績は最も重要です。

アメリカの大学が合否を決める際に最も重視するのは学業成績です。高校3年間の成績と、日本の大学に一定期間在学した後にアメリカの大学に編入する場合は、大学の成績が重視されます。アメリカの大学は、大学レベルの勉強についていけるだけの学力と学習意欲があることを、入学してくる学生に期待するためです。

入学はチャンスを与えるだけにすぎませんが、入学させたからにはできるだけその大学で成功してもらいたいし、充実した大学生活を送ってほしい、と大学は考えます。そのためには、その大学を卒業するための学業的な条件を満たすだけの学力や学習習慣・意欲が必要です。その最たる目安となるものが高校・大学の成績なのです。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 留学生活を始めて大学が期待してものと違うと感じたら、編入は可能ですか?

大規模な州立大学に入学しましたが、大学が大きすぎてなかなかなじめません。もっとこじんまりした大学に転校したいのですが、可能でしょうか? 回答を見る

Q. 高校を卒業してアメリカの大学に留学する場合、出願の時に高校の卒業証明書も必要ですか?

アメリカの大学に出願する時点では日本の高校に在学中なのですが、卒業証明書の提出が必要ですか? その場合、いつ提出するのですか? 回答を見る

» 「成績」についてよくある質問一覧に戻る