留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学に留学すると学費以外にどんなことにお金がかかりますか?

アメリカの大学に留学することを考えています。大学に支払う学費のほかに、どのようなことに、どれくらいのお金がかかりますか?

アメリカ留学には、学費のほかに、寮・食費、教材費、保険料、交通費、おこづかいなどがかかります

アメリカの大学に留学すると、学費(Tuition)のほかに、寮・食費、教材費、保険料、交通費、おこづかいなどがかかります。

・寮・食費
アメリカの大学は寮生活が基本です。大学によって寮・食費(Room and Board)はまちまちですが、安くて年間5,000ドル、高くて18,000ドルくらいです。四年制大学の寮・食費の平均額は、おおむね11,000ドルくらいです。

・教材費
履修科目にもよりますが、教材費はだいたい1年度に1,200~1,300ドルくらいです。

・保険
保険は、日本の海外傷害保険(留学保険)に加入すると、1年に15~20万円くらいかかります。アメリカの各大学で紹介している保険の場合、これよりも安くなりますが、留学して1年目は日本の保険に入っておくのがいいでしょう。

・交通費
おもに日本とアメリカを行き来する航空チケット代金です。飛行機会社や旅行プラン、チケット手配の方法によって金額はまちまちです。

・おこづかい
これは個々人の生活によって大きく異なります。

たとえば田舎にある大学では、そもそも派手に遊ぶような場所もなく、お金をたくさんつかうことがありません。広大なキャンパスに寮も教室も食堂もすべて収まっていますので、生活がキャンパス内で完結します。したがって、まず余分なお金をつかう機会がありません。

一方で、都会の大学に行くと、さまざまな娯楽に触れる機会も多くなり、日本食なども食べられるので、ついついお金をつかってしまいがちです。そのほかにも、お酒を飲めるバーや最先端のファッションがそろうお店など、遊べる場所がいっぱいです。こうなるといくらお金があっても足りません。

だいたい250~500ドル/月くらいが、一般的な留学生のおこづかいの額といえるでしょう。

ちなみにアメリカ人学生は、日本の大学生に比べておおむね質素な生活を送っています。彼らのおこづかいの平均額は3,000ドル/年ほどです。

アメリカ留学中のアパート暮らしについて
都会の大学は寮が不足していることが多く、アパート暮らしを余儀なくされがちです。アメリカの都会のアパートの家賃は、いまや東京と大差ありません。ニューヨークやボストン、ロサンゼルスやサンフランシスコあたりでは、ひと月の家賃が2,000ドルを超すようなアパートもザラにあります。

さらに公共の交通機関が整っていないところでは、通学のために車が必要になり、その購入・維持費など思わぬ費用がかかります。

アメリカ留学においては、田舎の大学で寮生活を送るのが、費用が安く、また安心して勉強に取り組める、ということになります。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学に出願するには、財政能力証明書が必要なのでしょうか?

アメリカの大学に出願するにあたって、財政能力証明書が必要になると聞いたことがあります。具体的にはどのような書類を提出するのでしょうか?   回答を見る

Q. アメリカの大学に支払うDepositとは何ですか?

アメリカの大学から届いた合格通知に「5月1日までに250ドルのDepositを支払うこと」と書かれていました。このDepositって何ですか?   回答を見る

Q. アメリカの高校に留学するにあたって、奨学金はもらえますか?

アメリカの高校に留学したいと考えています。できれば奨学金をもらいたいと思っていますが、高校留学をして奨学金はもらえるでしょうか。   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求