カテゴリー: 専攻 

アメリカの大学で勉強するビジネスってどんな分野なのでしょうか?

就職につながりやすいと思い、アメリカの大学でビジネスを専攻したいと思いますが、どのようなことを勉強するのでしょうか。


「ヒト」「モノ」「カネ」の管理について理論面と実践面から勉強します。

ビジネスは端的に言って「企業のボス」になるための学問です。アメリカの大学で最も人気のある分野です。「ヒト」「モノ」「カネ」の管理 (Administration) について理論面と実践面からアプローチします。

理論面では、微分積分、マクロ&ミクロ経済学、統計学、会計学など、おもに「数学」に主眼を置き、実践面では財務管理、マーケティング、人材管理、リーダーシップ学などを学びます。

実践では特に「問題解決力」に力が注がれ、実践的なシミュレーションのケーススタディがグループワークにより数多く行われています。また、4年次にはインターンシップが必須となっている大学もあります。

大学によっては「人材管理」「オペレーション管理」「財務管理」など、ビジネスの中で特定の分野を選び、それを集中的に学ぶカリキュラムを組んでいます。最近では起業家学 (entrepreneurship)、電子商取引 (E-commerce) の人気が高いようです。

ホテルやレストランの経営を学ぶ「ホテル&レストラン・マネジメント」や「ホスピタリティ・マネジメント」という専攻もあります。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学への出願で、Early Decisionとは何ですか?

留学したい大学の出願方法としてEarly Decisionというものがあるのですが、Regular Decisionとどう違うのですか? 留学生もEarly Decisionで出願できるのですか? 回答を見る

Q. アメリカの大学に留学すると、テストのほかに、ペーパーが大変と聞いています。ペーパーとは難しいものですか?

留学してる人がいつもペーパーで忙しく、勉強が大変と言っていますが、あまり日本の大学では聞きません。どういう風に大変なのでしょう? 回答を見る

» 「専攻」についてよくある質問一覧に戻る