カテゴリー: テスト 

アメリカ留学に必要なTOEFL®テストってどんなテストですか?

アメリカの大学に留学するためにはTOEFL®テストを受けなければならないと思いますが、どのような内容のテストなのでしょうか?


TOEFL®テストは英語を母語としない留学生の英語力を測るためのテストです。

Test of English as a Foreign Languageの略がTOEFL®テストです。アメリカやイギリスなどの英語圏の大学が、英語を母語としない留学生の英語力を測るためにつくられたテストです。

TOEFL®テストはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングという4つのセクションから構成され、試験会場のコンピュータを使用して受験します。テスト時間は4時間から4時間半くらいの長時間で、受験後はヘトヘトになるでしょう。各セクションの満点が30点で、4セクションの合計点として120点が満点です。ごく普通の高校生であれば、合計点で61点取れば上出来です。それ以下であっても、留学をあきらめる必要はありません。TOEFL®テストの点数だけで合否が決定するわけではないのですから。

日本の主要都市で毎月複数回受けられます。アメリカの大学に出願する際、自分の一番高い点数を提出することができますので、何回か受験するつもりでまずは力試しに一度受けてみるとよいでしょう。初めて受けた結果がさんざんだったとしても、気を落とさないこと。留学の成功のカギは英語力ではなく、あなたの熱意とやる気なのですから。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 現在学んでいるアメリカの大学から、他の大学に編入するときの大学はどのように探せばいいですか?

留学してきた当時は不安でしたが、現在は英語にも生活にも慣れてきました。入学から2年過ぎたので、大きな大学へ編入を検討していますが、大学はどのように探したらいいものでしょうか? 回答を見る

Q. 留学した大学は、編入のために、別の大学への推薦状を書いてくれるのか?

留学先の大学を辞め、他の大学に編入すると聞けば、大学にはいい顔されないのかな?と心配しています。あるいは気持ち良く協力してくれるでしょうか? 回答を見る

Q. アメリカの大学留学では授業にどのように対処したらよいですか?

スピードが速いといわれる大学の授業への対処の仕方はありますか? 回答を見る

» 「テスト」についてよくある質問一覧に戻る