カテゴリー: 単位 

アメリカの大学にはパートタイムの学生とフルタイムの学生がいると聞きますが、どのように違うのですか?

パートタイム学生とフルタイム学生の違いを教えてください。


フルタイム=「学生が本業」、パートタイム=「働きながら学んでいる」というのが一般的な違いです

単位のとりかたによって、フルタイムの学生とパートタイムの学生に分類されます。

フルタイムの学生

1学期に12単位以上の単位をとっている学生を「フルタイムの学生(full-time student)といいます。

科目数でいえば4科目以上をとっている学生です。学生であることが本業、または正規の学生であるといった意味になります。

パートタイムの学生

一方、1学期にとっている単位数が12単位未満の学生は「パートタイムの学生(part-time student)」になります。

パートタイムの学生は、本業が学生ではなく、たとえば働きながら大学に通っていて、夕方や週末とか間に授業を1つか2つとっているような人のことです。

コミュニティ・カレッジ(公立の二年制大学)には、パートタイムの学生がたくさんいます。

留学生は「フルタイムの学生」であることを条件として学生ビザを取得します。したがって、「パートタイムの学生」としてアメリカに留学することはできません。


それぞれの大学が、フルタイムの学生とパートタイムの学生の割合を公表しているので、調べてみるといいでしょう。

留学先としてめざしたいのは、フルタイムの学生の割合が多い大学です。そうした大学では寮生活を送っている学生も多く、友だちもつくりやすいでしょう。

あわせて読みたいページ
「アメリカの大学の学業生活」
https://www.ryugaku.com/ugrad/life/timetable.html






このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学での成績の平均値GPAを維持する方法はありますか?

アメリカの大学のGPAを規定値より上げるための方法ってありますか? テクニックのようなものがあれば教えてください。 回答を見る

Q. アメリカの大学への出願で、Regular Decisionとは何ですか?

アメリカの大学に出願しようと思っていますが、Regular Decisionという言葉がありました。これはどのような意味ですか? 回答を見る

» 「単位」についてよくある質問一覧に戻る