カテゴリー: 授業  単位 

アメリカの大学に留学すると、授業のスケジュールはどのようになっているのですか?

アメリカの大学に留学すると、日本の大学の授業スケジュールとずいぶん違うのでしょうか?


アメリカの大学では1週間に15時間の授業時間数が標準的です。しかし、留学すると毎回の授業で出される宿題と予習に費やさなければならない時間は、授業時間の2 ~ 3倍になります。

授業(Class)のスケジュールは週ごとに決められています。「科目の単位数=1週間の授業時間数」というのが一応の目安です。アメリカの大学では1科目につき3単位得られるのが一般的です。たとえば、

 数学 :月・水・金曜日 9:00~9:50
 経済学:火・木曜日 14:00~15:30

というように時間割が組まれます。

1学期にだいたい5科目=15単位をとるのが標準ですので、1週間の授業時間はほぼ15時間ということになります。授業時間だけを見ると、日本の大学生よりもはるかに少ないのですが、留学して毎回の授業で出される宿題と予習に費やさなければならない時間は、授業時間の2~3倍にもなります。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学では、新学期の履修科目をどのように選ぶのでしょうか?

アメリカの大学に留学することになっていますが、新学期にどのようにして履修学科を選んでいいか心配です。 回答を見る

Q. 日本の大学生。あるいは短大生がアメリカの大学への編入を考えるとき

日本の大学生、あるいは短大生がアメリカの大学へ編入を考えるときは日本の単位を既に持っているので、それを認定されるので、1年生から始めなくていいと聞いてたのですが 回答を見る

Q. アメリカの大学への出願で、Regular Decisionとは何ですか?

アメリカの大学に出願しようと思っていますが、Regular Decisionという言葉がありました。これはどのような意味ですか? 回答を見る

» 「単位」についてよくある質問一覧に戻る