留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカ留学の費用を節約したい

アメリカの大学への留学を考えていますが、できるだけ費用を節約して卒業までこぎつけたいと思っています。どのようにすれば留学費用を抑えられるでしょうか。

留学費用を節約するポイントはいくつかあります

留学費用をできるだけ抑えるポイントはいくつかありますが、ここでは三つの点に絞って解説しましょう。

1.費用の安い大学を選ぶ

アメリカ留学の費用を節約する第1のポイントは、できるだけ学費の安い大学を選ぶことです。

アメリカの大学の年間の学費の目安は、だいたい以下の通りです。
州立大学:10,000~40,000ドル
私立大学:25,000~48,000ドル
コミュニティ・カレッジ(二年制の公立大学):5,000~13,000ドル

地域で見ると、中西部~山岳部の大学の学費が安く、また都会より田舎の大学のほうが安い傾向にあります。宗教色が濃い大学も、学費を安く設定しています。

気をつけたいのは、アメリカでは教育レベルと学費とは相関関係にあることです。あまりに費用が安い大学は、それなりの理由があるはずですので、大学のWEBサイトなどでしっかりチェックしましょう。アメリカでは州立よりも私立のほうがレベルが高いというのが常識です。

また、私立に比べて州立のほうが安いとは必ずしもいい切れません。レベルの高い州立大学は、留学生を含む州外出身者には、私立並みの学費を課しています。

2.滞在先を学生寮にする

アメリカ留学では、寮、ホームステイ、アパートのいずれかに滞在することになります。

このうち最も費用がかからないのが、寮に住む場合です。

寮に暮らす限り、生活はすべてキャンパス内で完結します。食事も1日3食付いていますので、外食などで余計なお金をつかうことがありません。衛生・治安の面も心配ないので、落ち着いて勉強に取り組めます。

アパートの場合、通学のために車が必要になったり、外食に頼りがちになったりして、お金がかかります。ホームステイはだいたい月に800~1,000ドルくらいですが、やはり通学の不便や生活の不自由が生じて、長期の滞在には向いていません。

3.都会ではなく田舎の大学を選ぶ

生活環境によっても留学費用は大きく異なります。

都会の大学は寮が不足していることが多く、高い家賃のアパート暮らしを余儀なくされるケースもあります。都会には娯楽に接する機会もたくさんありますから、どうしてもお金をつかいがちになります。田舎ではいわゆる質実剛健な生活を送ることになり、お金をつかう機会もそれほどありません。


ほかにも、日本の大学からアメリカの大学に編入して留学期間を短くする、奨学金を得る、など、いくつかの節約方法が考えられます。いろいろな可能性を前向きにとらえて、アメリカ留学を実現させてください!




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの高校に留学するにあたって、奨学金はもらえますか?

アメリカの高校に留学したいと考えています。できれば奨学金をもらいたいと思っていますが、高校留学をして奨学金はもらえるでしょうか。   回答を見る

Q. 高校留学にかかる費用を教えてください

アメリカの高校に留学するにあたって、かかる費用を教えてください。   回答を見る

Q. アメリカの私立高校には、裕福な家庭の子どもたちばかりが集まるのでしょうか?

アメリカの私立高校の生徒たちは、裕福な家庭の子どもたちばかりなのでしょうか。   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求