留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学に編入生として留学するための必要書類を教えてください

日本の大学からアメリカの大学に編入生として留学したいと思っています。その際に必要となる書類を教えてください。

大学の英文成績証明書をはじめとして、いくつかの提出書類があります

アメリカの大学に編入するにあたって必要となる書類は、だいたい以下の通りです。
・願書
・高校・大学の英文成績証明書
・エッセイ(英作文)
・推薦状(大学の先生から2、3通)
・テストスコア(TOEFL®テスト(またはIELTS(TM))、SAT®など)

このうち、合否に最も大きく影響するのが大学の成績です。英文の成績証明書は、それぞれの大学または学部の教務課に申請すれば発行してくれます。

この成績証明書によって、アメリカの大学は
(1)出願者がどのような科目を修めたか
(2)個々の科目でどのような成績をとったか
(3)成績の平均値(GPA)
これらを評価して、合否の審査を行います。

アメリカの大学が出願者に求めるのは、何をさておいても「学力」です。大学レベルの学業にしっかりついていけるだけの学力があることを評価する最大の手がかりが、日本の大学の成績証明書であるわけです。あくまでも「大学レベル」の学力が問われるので、大学によっては、高校の成績証明書の提出を求めていません。

さて上に挙げた評価対象のうち、(3)の「成績平均値(GPA)」について、少し説明しておきましょう。

アメリカの大学はA、B、C、D、Fのアルファベットで成績がつきます。これをA=4.0、B=3.0、C=2.0、D=1.0、F=1.0の数字に置き換えたものをGrade Pointといいます。GPAとはGrade Point Averageの略で、成績の平均値のことです。

アメリカの大学は、編入生に対して「大学でのGPAが2.5以上」などの入学基準を設けています。そのような基準を設けていない大学であっても、合否の判定を最も大きく左右するのがこのGPAであることは共通します。

アメリカの大学への編入を考えている人は、以上のことをよく心にとどめて、日本の大学ではできるだけよい成績を修めるようにしてください。とくにアメリカの大学で専攻したい分野と関係のある科目でよい成績をとっておくことが大切です。日本の大学のGPAが高ければ高いほど、留学先の選択肢も広がります。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学に編入生として留学するための必要書類を教えてください

日本の大学からアメリカの大学に編入生として留学したいと思っています。その際に必要となる書類を教えてください。   回答を見る

Q. 留学相談に来るのはどんな人ですか?

大学留学の相談に来る人は、どのような人なのでしょうか?   回答を見る

Q. アメリカの大学に編入したいのですが、日本での単位は最高どこくらい認めてもらえますか?

編入をする大学で、日本の大学からの単位をより沢山認めてもらえると、卒業までの年数が早くなり、留学の費用も抑えられます。アメリカの大学では、最大どのくらいの単位数を認めてくれるのでしょうか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求