カテゴリー: 専攻 

大学留学を考えていますが専攻を決められません。人気の専攻って何ですか?

アメリカの大学に留学したいと思っていますが、何を専攻してよいか決められません。アメリカの大学ではどのような分野に人気が高いのでしょうか?


人気の専攻は時代によって移り変わりますが、ビジネス系は高い人気を保っています

アメリカの大学は、入学時に専攻を決めておく必要はありません。入学して最初の1・2年は一般教養科目を中心にとります。さまざまな分野に親しみながら、自らの適性を探り、だいたい2年次の終わりまでに専攻を決めることになっています。異なる二つの分野を専攻してもかまいませんし、途中で専攻を変更することもできます。

このように、専攻についてはとても柔軟な考えかたがされるアメリカの大学です。そうはいっても卒業するためには必ず一つ以上の分野を専攻しなければなりません。ここではUSA Todayの記事にしたがって、アメリカの大学で人気の専攻分野トップ10をご紹介しましょう。

1位 ビジネス
2位 心理学
3位 看護学
4位 生物学
5位 教育学
6位 犯罪学
7位 会計学
8位 リベラルアーツ
9位 英語・英文学
10位 歴史学

さらにもう一つ、今度はPrinceton Reviewによる「最も有望な」専攻分野トップ10をご紹介します。「有望な」とは、就職率や収入、人気などを指しています。

1位 コンピュータサイエンス
2位 コミュニケーション
3位 政治学
4位 ビジネス
5位 経済学
6位 英語・英文学
7位 心理学
8位 看護学
9位 化学工学
10位 生物学

いかがでしょうか? 人気の専攻と有望な専攻とがいくつか重なっていますが、そうでないものもありますね。とくに有望な専攻の1位:コンピュータサイエンスと2位:コミュニケーションは人気の専攻分野トップ10には入っていません。ちょっと興味深いところではありますが、アメリカのIT業界のトップのプレゼンテーション能力の高さを見ると、有望であることにはうなずけますね。

ビジネス系は久しく高い人気を保っています。日本から留学する人も、ビジネスを専攻する人は多いですね。心理学も伝統的に人気の高い分野です。犯罪学というのは意外かもしれませんが、法曹界への就職に結びつくという考えかたが根っこにあるようです。

留学する前に専攻を決められないことを、気にする必要はまったくありません。アメリカの大学は「自分探し」の場所にたとえられます。在学中に本当に自分がやりたいことを見つけ出せばよいのです。きっと心から打ちこめる分野に出会えるはずですよ!

出典
http://college.usatoday.com/2014/10/26/same-as-it-ever-was-top-10-most-popular-college-majors/
http://www.princetonreview.com/college-advice/top-ten-college-majors

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 大学留学の出願期限のうち、Rolling Admissionとはどんな形式でしょうか?

Rolling Admissionをとっている大学には出願期限がなくていつでも出願してもいいのですか? 留学生にも適用されますか? 回答を見る

Q. 大学留学をして福祉系を勉強したいと思っています。どのような分野がありますか?

アメリカの大学に留学して、福祉関係の勉強をしたいと思っています。どのような分野を学べますか? 回答を見る

Q. アメリカ留学の相談は、日本にいる間に受ける必要がありますか?

アメリカの大学に進学したいのですが、英語ができないのでまずは英語学校に行き、語学力をつけてから大学に入りたいと考えています。その場合、留学相談はアメリカに行く前に受けておく必要がありますか? 現地の英語の先生に聞いて大学留学の準備しようかな? とも考えています。  回答を見る

» 「専攻」についてよくある質問一覧に戻る