留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学に留学中に、取得単位が不足して退学されそうになっても、交渉って可能?

「話し合う」、つまり交渉することはアメリカの大学では効力を発揮します

単位不足で退学になりそうになっても強気に交渉する:

ある日本人留学生の話です。英語力の問題などもあり、最初の小テストで0点を取ってしまいました。その際、アメリカ人の友達が、「テストで悪い点を取ったら成績が悪くなるから、ドロップしたほうがいいよ!」などと無責任なアドバイスをしたようです。
彼は友達の意見に従い、ドロップ(drop)して、そのまま学期を終えてしまいました。しかも成績は良かった(B平均)ので一安心していたそうです。

しかし、実は彼は12単位ギリギリで登録していたのです。この場合は、他の科目を加えて(add)登録しなければならなかったのです。アドバイスをくれたアメリカ人は、日本人留学生の場合、「12単位を取らなければ帰国処分」ということを知らなかったのでしょう。また、アメリカ人はfull-time studentでなくてもいいので、留学生も大丈夫だとも思ったのでしょう。

日本人留学生にはビザとの関係がある:

後になって、留学生担当の先生が彼が12単位を取っていないという事実にやっと気付きましたが、あとの祭りです。彼はfull-time studentとしてのステータスを確保できていないので、移民局から滞在許可をもらえないということになり、帰国処分の結果が出ました。

ここで交渉が始まる:

しかし、ここで引き下がっては留学生の名折れ。彼が9単位しか取得していなかった時点で、大学側から何のアドバイスもなされなかったことを盾にとって、これは大学の怠慢なので責任をとるよう交渉したのです。その結果、大学から移民局にかけあってもらい、復学できることになりました。

留学生は12単位は確保しましょう:

「12単位を取らなければ帰国処分」ということを知らなかった留学生は怠慢といえますが、泣き寝入りをせず、相手の落ち度を指摘して交渉する、強気の精神も留学サバイバルには必要です。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学に留学するためには学校の成績はどのくらい重要なのでしょうか?

アメリカの大学に出願する際に成績証明書を提出する必要があると聞きます。学校の成績はどのくらい重要なのでしょうか?   回答を見る

Q. アメリカの大学では成績が悪いと留年ではなく、退学になるといわれますが、事実ですか?

成績が悪いと留年、それが当たり前である日本の大学ですが、アメリカの大学ではそれが通用しそうもなく、留学してやっていけるのかが心配です。仕組みを知りたいです。   回答を見る

Q. アメリカの大学の授業で悪い成績を残さない方法はありますか?

アメリカの大学で悪い成績を取るとGPAが下がるので、困ります。GPAを下げないために、その科目の履修をとりやめることはできますか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求