カテゴリー: 成績 

アメリカの大学では、テストの成績についても交渉できるのですか?


受けたテストが予想に反して悪い点数だった場合、説明を求めに行くアメリカ人は珍しくありません

大学留学、成績も交渉と泣き落としが有効?:

たとえば、自分ではとてもよくできたと思ったテストで意外に低い点数をつけられた場合、勘違いで悪い点数がついたのではないかと、先生に自分の成績について説明を求めるアメリカ人は珍しくはありません。

本当に勘違いだったら、先生は点数を変えてくれるでしょうし、そうでなかったら、先生もきちんと応戦します。

再度のテストの機会を得る①:

また、こんな例もあります。ある日本人留学生が、テストでFを取ってしまいましたが、その原因は先生の設問の意味がわからず、まるでトンチンカンな解答をしてしまったことでした。

勉強をさぼり、テストを真っ白で提出して、結果がFなら仕方がありませんが、自分の勘違いとはいえ、こんなことでFをもらうのはいやだと思い、先生のところへ行って、自分の勘違いの説明をとことんしました。
その上で、テストをもう一度受けさせてもらえるよう交渉しました。その結果、ほかの課題を出されて何とかFを撤回してもらったのです。

再テストの機会を得る②:

また、別のケースでは、前日の遅くまで勉強したため、寝坊をしてしまって、テストをすっぽかしてしまった人がいました。彼女は、起き抜けの髪を振り乱して、泣きながら先生のところに行って再テストを交渉しました。
先生も人の子です。彼女の涙に負けて、再テストのチャンスをくれたそうです。

アメリカの大学留学ではは、パフォーマンスが大事だということがよくわかる例です。

明らかに勉強をしなかった結果、成績が悪いのはしかたがありませんが、努力をしている場合には、その努力を示して交渉すると、悪い成績もなんとか挽回できるということも、アメリカの大学ではあり得るのです。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学に留学するために提出する願書とはどんなものですか?

アメリカの大学に出願するために、願書はどのように手に入れるのでしょうか? また、願書はどのような形式で、どのような内容になっているのでしょうか? 回答を見る

Q. 留学生のお世話をしてくれるアカデミックアドバイザーとはどんな役割の人ですか?

留学するとアカデミックアドバイザーの先生が、いろいろと世話をしてくれると聞いています。どんな相談について聞いてくれるのでしょうか? 回答を見る

Q. アメリカの大学を卒業すると就職には有利?

アメリカの大学に留学したいのですが、就職のことが心配です。 回答を見る

» 「成績」についてよくある質問一覧に戻る