カテゴリー: 成績 

アメリカの大学にインコンプリートという制度があることを知りました。どのようなときに活用すればいいでしょう?

アメリカの大学には「インコンプリート」という制度があるそうですが、これはどのようなものですか?


何らかの事情で期末テストが受けられなかったときなどに、対処する方法です

インコンプリート(incomplete)とは、「完了していない」という意味です。

学期の終わりまで授業についていけたのに、何らかの事情で期末テストが受けられなかったり、提出物を提出できなかったというとき、そのままだとそれらの配点が0点になり、悪い成績になってしまいます。

そんなときに成績評価を一時保留にしてもらうこと、これがインコンプリートがです。そして次の学期に、そのテストを受けたり、提出物を提出したりして、成績と単位をもらうことができるというものです。

ただしすべての科目でこのインコンプリートがもらえるわけではありません。先生の個人的な判断によって認められない場合もあります。基本的にはインコンプリートをもらわないで済むように、計画的に勉強することが大切です。

このインコンプリートは、1学期に1回、あるいは1年に1回使えるかどうかという切り札のようなものですが、覚えておくといいでしょう。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 留学を考えて、英文科にしたのですが、大学の編入には英文科は不利ときいたのですが?

将来の留学に備えて、英語ができないとなにも始まらないと英文科としました。どういった理由で不利になるのでしょうか? 回答を見る

Q. アメリカの大学留学では授業にどのように対処したらよいですか?

スピードが速いといわれる大学の授業への対処の仕方はありますか? 回答を見る

Q. アメリカの大学に留学したいのですが、英語力がなくても大丈夫でしょうか?

英語に自信がありません。アメリカの大学に留学できるのか不安です。 回答を見る

» 「成績」についてよくある質問一覧に戻る