留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学でのGPAの算出の仕方を教えてください

GPAが良くないとダメなアメリカの大学、その算出の仕組みを教えて下さい。

あなたが履修した科目で得た成績のポイント÷取得単位数です

<GPAの算出方法>

GPAは、「履修した科目で得た成績のポイントの合計」÷「取得単位数」で算出します。これが成績の平均値=GPAです。

<GPAの算出の例>
  ポイント 成績
English Composition 2ポイント×3単位=6 C
Principles of Physics 3ポイント×3単位=9 B
Introduction to Business Management 3ポイント×3単位=9 B
Introduction to Cultural Anthropolpgy 3ポイント×3単位=9 B
Beginning Spanish 4ポイント×3単位=12 A


従って、合計ポイントは、6+9+9+9+12=45ポイント、

GPAは45ポイント÷15単位=3.0ポイントになります。

ちなみに、上記の科目で日本人にとって良い成績が取りやすい科目はBeginning Spanish(スペイン語)。
アメリカ人の学生にとってもスペイン語は初めて習う科目ですので、留学生のあなたも、がんばればいい点数が取れます。

また、Principles of Physics(物理学)も比較的やさしい科目。
用語を覚えなければならないとしても、学習内容はアメリカと日本で違いがないので、理解が正しければ、いい点数をくれます。理数系や芸術、音楽は総じて良い点数を取りやすく、また外国語(英語以外)もアメリカ人と同等にやっていける科目です。

留学当初は、語学力をさほど問われない教科で、いい成績を残すようにしましょう。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学での成績の平均値GPAを維持する方法はありますか?

アメリカの大学のGPAを規定値より上げるための方法ってありますか? テクニックのようなものがあれば教えてください。   回答を見る

Q. アメリカの大学での成績の付け方を知りたい

アメリカの大学に留学すると、いい成績を残す必要があると言われています。なんとか単位を取ればいい日本の大学と事情が違うみたいですが、どのようになっているのですか?   回答を見る

Q. アメリカの大学が出願者の成績を判断する時に、学校のレベルを考慮しますか?

日本の進学校に通っていて、学校の成績がそれほど良くないのですが、アメリカの大学は出願者の出身校のレベルは考慮しないのでしょうか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求