留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学の授業では、英語でのディスカッションがあると聞いていますが、本当ですか?

人前で発表するのは苦手、しかも英語でとなると自信がさらにありません。どういったイメージを持てばいいでしょうか?

アメリカの大学では「あなたなら?」を問うディスカッションが盛んに行われます

ディスカッションが中心の授業、「あなたならどうする」?

自分は他人と同じではない:
アメリカは、小さい頃から「あなたは憐のトムと同じではないのだから、自分の意見を持ちなさい」と親に言われて育ち、小学校からみんなの前でスピーチをする訓練を受ける国。
集中力や記憶力は講義で養われ、テストで試されますが、分析力・判断力・決断力などは、ディスカッションをすることによって養われ、日々の授業で試されます。

ディスカッションを通してオリジナリティを高める:
また、先生だとけではなく、学生同士で意見を戦わすことで、刺激を受け合い、新しい考えを展開するきっかけにもなります。
先生と違った角度から攻めてくる学生もいるかもしれません。先生も学生も常に授業は真剣勝負。

こういったことも、アメリカ人の多様性を強め、オリジナリティをはぐくむ土壌になっています。

「あなたならどうするか?」がテーマ:
こうした国民性もあって、アメリカの大学の授業はディスカッションが中心です。このディスカッションやテストでは、「あなたならどうするか」「あなたならどう考えるか」という課題が多くなります。

たとえば、
歴史のテストで、ある歴史上の事実が挙げられます。南北戦争における戦いの1つが何年に起きて、南軍が勝って、そのときの将軍は○○であったというようなストーリーが出てきます。
日本だったら、そのとき負けた北軍の将軍は誰だったか、といったような質問がされますが、アメリカでは、あなたがその北軍の○○将軍だったら、どのような戦略をたてたかといったタイプの出題がされるのです。

ディスカッションの形式は、小さな大学と大きな大学によって違います。
大規模大学の特に一般教養科目などでは、授業もマンモス教室で、日本の大学のように受け身的な講義が行われます(中には、教授による講義とは別にTAがディスカッションのクラスを設けることもあります) 。

ディスカションは何人で行われる?:
ディスカッションの多くなるクラスは大抵コース・ナンバーが300番台くらいからです。こういったディスカッションのクラスは、20~30人くらいの人数で行われます。
小規模大学では、比較的クラスの人数が少ないため、コース・ナンバーが100番台のクラスでも、人数が10-20人ぐらいで、授業がディスカッション形式になる場合があります。「さあ、ディスカッションの時間です」と言われなくても、自然と意見を交換し合う場になることがあるほどです。これは、大規模大学の1年生レベルのクラスでは考えられないことです。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学のシラバスってどんなものですか? 留学中に受ける授業にどのような役割を果たすのですか?

日本の大学でシラバスと呼ばれているものは講義要綱ですが、アメリカの大学のシラバスは講義要綱と違うのですか?   回答を見る

Q. アメリカの高校の「単位制」とはどういうことですか?

アメリカの高校への留学を考えているのですが、アメリカの高校は「単位制」ということを聞きました。これはどういうことなのでしょうか?   回答を見る

Q. アメリカの大学では、授業への出席が成績に影響しますか?

アメリカの大学は授業に取り組む姿勢も成績評価の対象になると聞きました、どのように評価されるでしょうか。   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求