カテゴリー: 授業 

アメリカの大学のシラバスってどんなものですか? 留学中に受ける授業にどのような役割を果たすのですか?

日本の大学でシラバスと呼ばれているものは講義要綱ですが、アメリカの大学のシラバスは講義要綱と違うのですか?


シラバスはその科目を教える教授からそれぞれ配られ、重要な情報や約束事がすべて記されていて、教授と学生の間の契約書のようなものです

科目ごとの最初の授業では「シラバス(Syllabus)」という授業進行表が配られます。このシラバスには、
■科目の目的と内容
■教員のオフィスの所在とオフィスアワー
■教科書と参考図書
■成績のつけかた
■授業の進行スケジュール
■テストの回数と内容
■宿題・課題
■ペーパー(論文)の内容、長さ、提出期限
■出席についての規定
など、その科目についての情報がすべて記されています。
 
授業はこのシラバスに沿って進められますので、よく目を通す必要があります。また学期が終わるまで何度も参照することになるので常に目の届くところに保管しておきましょう。さらに、留学中のシラバスを全て保管しておくと、後で自分の留学を振り返った時、どのようなことを学んだのかを客観的に見ることができます。

最近は多くの教授がシラバスをインターネットで公開しています。授業が始まる前にシラバスをオンラインで確認できることもありますので、留学前にも大学のウェブサイトにこまめにアクセスしてみましょう。


このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. ホームステイをしながら大学に留学することはできますか?

大学留学を考えていますが、滞在方法としてホームステイを考えています。ホームステイをしながらアメリカの大学に在学することは可能でしょうか。 回答を見る

Q. 留学している方は、アメリカの大学の授業を理解できていますか?

留学を考えていますが、大学の授業についていける自信がありません。留学生のみなさんは、どのように英語の授業を乗り切っているのでしょうか? 回答を見る

Q. 短大を卒業したのですが、あまり英語ができません。コミュニティカレッジを検討しています。

日本の短大を卒業したのですが、英語が苦手です。コミュニティカレッジに行こうかと迷っていますが、どうしたらよいでしょうか? 回答を見る

» 「授業」についてよくある質問一覧に戻る