留学Q&A(留学の応援課)

編集する

大学留学でアメリカの大学に編入する場合、どのような科目の単位が認められやすいのでしょうか?

日本の大学でどのような科目を履修しておくと、アメリカの大学に留学したときに、その単位が認めてもらえるのでしょうか?

日本の大学からアメリカの大学に編入留学をする場合、一般教養科目の単位は認められやすいでしょう。

アメリカの大学に留学して、単位が認められやすい科目として、一般教養科目が挙げられます。アメリカの大学の一般教養科目とは、専攻にかかわらずその大学を卒業するために全ての学生が履修しなければならない科目です。基本的に1・2年次に集中してとるもので、自然科学系、社会科学系、人文系、数学、芸術などの分野からそれぞれ指定された科目と単位数をとります。

 自然科学系のクラス: 生物、化学、物理学、天文学など
 社会科学系のクラス: 政治学、経済学、歴史学、社会学、心理学など
 人文学のクラス : 文学、哲学、宗教学など
 芸術のクラス : 音楽、美術、演劇など

アメリカで留学の期間を有効に使うために、日本の大学で履修した科目の単位を多く認めてもらうことは重要です。出願したい留学先の大学が明確な場合、その大学で義務づけている一般教養科目をウェブサイトでチェックし、その科目に似ているクラスを日本の大学で履修しておくとよいでしょう。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学の学費は、履修単位数によって変わるのでしょうか?

アメリカの大学では、履修単位の数によって支払う学費の額が変わると聞いたことがあります。本当ですか?   回答を見る

Q. 「Full-time Student」ってどういう意味ですか? なぜ、留学生は「Full-time Student」でなければならないのですか?

アメリカの大学に留学している間、留学生は「Full-time Student」でなければならないと聞きますが、「Full-time Student」とはどういう意味ですか?   回答を見る

Q. アメリカの大学では、大学間で単位を互換できるというのが普通と聞いていますが、大丈夫でしょうか?

入学した大学にめざす専攻がなかったりすると、別の大学に単位を持って転校できるでしょうか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求