カテゴリー: 単位  選択科目 

アメリカの大学では各科目に番号が書かれていますが、これの意味は何ですか?

各科目に書かれた番号の意味が理解できません。


番号はコース・ナンバーと呼ばれ、その科目のレベルを示します

アメリカの大学のカタログなどでは、各科目に必ず番号が付いています。

例えば、”BIO 113 Cell Biology"とあれば、BIO は「コース・カテゴリー(course category)」といい、その科目の符丁のようなものです。

113は「コース・ナンバー(course number)」、またCell Biologyはその科目の名前で、「course title」といいます。

ここではコース・ナンバーの見方を覚えましょう:

コース・ナンバーで大切なのは何百番台かということ。 113なら「100番台」です。100番台から800番台くらいまであります。

これは簡単に言えば、難しさのレベル。100番台は入門や概論、原論といった科目。

200番→400番と上がるほどより深く、専門的になっていきます。

500番台になると、ほとんど大学院レベル。ちなみに100番台から200番台には、300番台より上級の科目のprerequisite(先修科目)になることが多くあります。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学に留学して、英語力の不足をカバーする科目のとりかたの工夫ってありますか?

アメリカの大学に留学して最初の年は、履修科目に工夫をして英語力不足をカバーしたい。どのようなテクニックがありますか? 回答を見る

Q. 大学院が充実した州立総合大学に留学したいのですが、授業はしっかりと教えてくれますか?

州立総合大学は規模が大きく、クラスも大人数と聞いています。そのような環境で授業はきちんと受けられますか? 回答を見る

Q. 日本の大学生。あるいは短大生がアメリカの大学への編入を考えるとき

日本の大学生、あるいは短大生がアメリカの大学へ編入を考えるときは日本の単位を既に持っているので、それを認定されるので、1年生から始めなくていいと聞いてたのですが 回答を見る

» 「選択科目」についてよくある質問一覧に戻る