留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学では各科目に番号が書かれていますが、これの意味は何ですか?

各科目に書かれた番号の意味が理解できません。

番号はコース・ナンバーと呼ばれ、その科目のレベルを示します

アメリカの大学のカタログなどでは、各科目に必ず番号が付いています。

例えば、”BIO 113 Cell Biology"とあれば、BIO は「コース・カテゴリー(course category)」といい、その科目の符丁のようなものです。

113は「コース・ナンバー(course number)」、またCell Biologyはその科目の名前で、「course title」といいます。

ここではコース・ナンバーの見方を覚えましょう:

コース・ナンバーで大切なのは何百番台かということ。 113なら「100番台」です。100番台から800番台くらいまであります。

これは簡単に言えば、難しさのレベル。100番台は入門や概論、原論といった科目。

200番→400番と上がるほどより深く、専門的になっていきます。

500番台になると、ほとんど大学院レベル。ちなみに100番台から200番台には、300番台より上級の科目のprerequisite(先修科目)になることが多くあります。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学では、大学間で単位を互換できるというのが普通と聞いていますが、大丈夫でしょうか?

入学した大学にめざす専攻がなかったりすると、別の大学に単位を持って転校できるでしょうか?   回答を見る

Q. アメリカの大学で留学生にとってむずかしい科目って何ですか?

留学生がアメリカの大学ですべての授業を英語で受けるにあたり、最初にむずかしい科目をとることは避けたいのですが、むずかしい科目って何ですか?   回答を見る

Q. 大学留学でアメリカの大学に編入する場合、どのような科目の単位が認められやすいのでしょうか?

日本の大学でどのような科目を履修しておくと、アメリカの大学に留学したときに、その単位が認めてもらえるのでしょうか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求