留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学では、取得単位の数によって学年が決まるのでしょうか?

アメリカの大学における「学年」は取得単位数によって決まります

アメリカの大学は、原則的にすべて単位制になっていて、四年制大学を卒業するために必要な単位数は約120~130単位です。

また、アメリカの大学では、日本のように1年経ったら2年生になるということにはなりません。

1年生、2年生、3年生、4年生とは、「取った単位の数」によるもので、大学にいた年数によるものではありません。では、それぞれの学年と単位数とはどのような関係になっているのでしょうか。

1年生(freshman) 1単位~30単位を履修中の人

2年生(sophomore)30単位以上をGPA 2.0以上の成績で終えている人

3年生(junior)60単位以上をGPA 2.0以上の成績で終えている人

4年生(senior) 90単位以上をGPA 2.0以上の成績で終えている人

つまり、単位をどれだけ持っているかということで学年が決まります。
ですから極端な話、1つの学期(15~16週間)にたくさんの単位を取って四年制大学を3年で卒業してもかまわないです。

サマー・スクール(夏休みに開講している授業)に出席して、さっさと単位をかせぎ、卒業年数を短くすることも可能です。

単位で注意することは、2学期制の大学の場合、どの学期でも1学期に12単位以上登録しないと、留学生の場合には違法滞在になってしまうこと。
是が非でも、それぞれの学期すべてに12単位以上登録しなければなりません。






同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学では各科目に番号が書かれていますが、これの意味は何ですか?

各科目に書かれた番号の意味が理解できません。   回答を見る

Q. アメリカの大学に編入したいのですが、日本での単位は最高どこくらい認めてもらえますか?

編入をする大学で、日本の大学からの単位をより沢山認めてもらえると、卒業までの年数が早くなり、留学の費用も抑えられます。アメリカの大学では、最大どのくらいの単位数を認めてくれるのでしょうか?   回答を見る

Q. アメリカの大学では、大学間で単位を互換できるというのが普通と聞いていますが、大丈夫でしょうか?

入学した大学にめざす専攻がなかったりすると、別の大学に単位を持って転校できるでしょうか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求