留学Q&A(留学の応援課)

編集する

ペーパーの種類はいくつかあるのでしょうか?

アメリカの大学の授業で課されるペーパーは、いくつかの種類があるのでしょうか?

ペーパーの種類を大別すると、タームペーパー、ショートペーパー、実験レポートの3種類があります。

アメリカの大学の授業で課されるペーパーは、以下の3種類に大別できます。

■タームペーパー(Term Paper)
学期末に提出するペーパーのことです。学期の初め、あるいは半ばくらいにペーパーの課題が出され、それから時間をかけてリサーチし、期末までに書き上げ、提出します。レターサイズ(A4に近いサイズ)で10~20枚くらいです。

■ショートペーパー(Short Paper)
2、3枚から多くて5枚くらい、単語数でいえば1,000~1,500単語くらいの短いペーパーです。学期の途中で数回書かされることもあります。

■実験レポート(Lab Report)
理系の科目でよく見られるペーパーです。実験の目的、プロセス、結果、分析を記します。グラフや表を多用します。

一般には、中間・期末テストと、タームペーパーを3本柱として成績評価がされる科目が多く、ショートペーパーはあったりなかったりです。理系の科目では実験レポートがタームペーパーを代用します。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの高校生は1日に何時間くらい勉強するのですか?

アメリカの高校に留学すると、1日の勉強時間はどれくらい必要になるのでしょうか。   回答を見る

Q. 高校留学中、夏休みは勉強から解放されるのですか?

アメリカの高校への留学を考えていますが、アメリカの高校は9月が新年度だと聞いています。ということは、夏休みの宿題というものはない、と思ってよいのでしょうか。   回答を見る

Q. アメリカの大学では、授業への出席が成績に影響しますか?

アメリカの大学は授業に取り組む姿勢も成績評価の対象になると聞きました、どのように評価されるでしょうか。   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求