カテゴリー: 授業 

ペーパーの種類はいくつかあるのでしょうか?

アメリカの大学の授業で課されるペーパーは、いくつかの種類があるのでしょうか?


ペーパーの種類を大別すると、タームペーパー、ショートペーパー、実験レポートの3種類があります。

アメリカの大学の授業で課されるペーパーは、以下の3種類に大別できます。

■タームペーパー(Term Paper)
学期末に提出するペーパーのことです。学期の初め、あるいは半ばくらいにペーパーの課題が出され、それから時間をかけてリサーチし、期末までに書き上げ、提出します。レターサイズ(A4に近いサイズ)で10~20枚くらいです。

■ショートペーパー(Short Paper)
2、3枚から多くて5枚くらい、単語数でいえば1,000~1,500単語くらいの短いペーパーです。学期の途中で数回書かされることもあります。

■実験レポート(Lab Report)
理系の科目でよく見られるペーパーです。実験の目的、プロセス、結果、分析を記します。グラフや表を多用します。

一般には、中間・期末テストと、タームペーパーを3本柱として成績評価がされる科目が多く、ショートペーパーはあったりなかったりです。理系の科目では実験レポートがタームペーパーを代用します。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学と日本の大学の違いは何ですか?

日本とアメリカの大学は似ているような気がします。留学する前に違いを理解しておきたいです。 回答を見る

Q. 留学生にとって寮生活のメリットは何ですか?

留学生はアメリカの大学に入ったら寮に住むことが一般的ということはわかりましたが、寮生活のメリットは何でしょうか? 回答を見る

Q. 英語がうまくなりたいので留学を考えていますが、どの国がいいのか悩んでいます。

英語圏の中でも、アメリカは特に世界に影響力のある国なので、留学する国の候補として一番に考えています。アメリカはひとことで言うとどのような国でしょうか? 回答を見る

» 「授業」についてよくある質問一覧に戻る