カテゴリー: 授業 

アメリカの大学の授業で課される「ペーパー」って何ですか?

アメリカの大学では、ほとんどの授業で「ペーパー」が課されると聞きます。「ペーパー」とはどのようなものなのでしょうか?


「ペーパー」とは小論文のことです。教科書や授業で理解したことを書くのではなく、自主的なリサーチに基づいた内容を論理的に書くものです

アメリカの大学では小論文のことを「ペーパー(Paper)」といいます。学生一人ひとりがそれぞれにテーマを掲げ、それについてリサーチした結果を記したものです。教科書や授業で理解したことを書くのではなく、自主的なリサーチに基づいた内容を書かなければならないのが特徴です。

ペーパーづくりは、たくさんの文献・資料にあたって論理的に書かなければなりません。そしてただ単に調べ上げたことを記すのではなく、それについてのあなたなりの見解や意見も述べる必要があります。そしてそれらの見解や意見には、必ず「なぜなら~」という裏づけが伴わなければなりません。

ペーパー作成に費やす時間とエネルギーは膨大なものです。慣れるまでは大変ですが、ひとたびプロセスを体験してしまえば、あとは時間さえかければそれなりのペーパーをつくれるはずです。短時間で勝負しなければならないテストに比べて、じっくり時間をかけられるペーパーは、留学生にはかえって点を稼ぎやすいようです。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 二浪中です。留学を考えると不安がいっぱいですが、アメリカ留学も検討しています。

現在二浪中ですが、受験勉強もマンネリ化しています。何のために勉強しているのか、受験勉強して日本の大学に入ることに疑問を感じ始めました。留学も視野に入れ始めましたが、英語力にも不安があり、実際に留学するとどのように自分が変わるのでしょうか? 回答を見る

Q. 「Full-time Student」ってどういう意味ですか? なぜ、留学生は「Full-time Student」でなければならないのですか?

アメリカの大学に留学している間、留学生は「Full-time Student」でなければならないと聞きますが、「Full-time Student」とはどういう意味ですか? 回答を見る

Q. アメリカの大学留学では授業にどのように対処したらよいですか?

スピードが速いといわれる大学の授業への対処の仕方はありますか? 回答を見る

» 「授業」についてよくある質問一覧に戻る