留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学に出願するときに、必要な書類を提出するほかに、面接を必ず受けなければならないのでしょうか?

アメリカの大学に出願書類を提出するほかに、面接を受けなければならないのでしょうか?

留学生は面接が免除されるところが多く、面接が課されたとしても電話やスカイプを通じて行われるようです。ただし、名門私立大学や難関リベラルアーツ・カレッジは、その国に住んでいる卒業生が出願者に直接会って面接するところがあります

アメリカの大学が合否を決める際には、出願書類とともに面接も重視します。面接をする一番の目的は「お互いのことをよく知ろう」ということです。あなたに大学のことをよく知ってもらいたいし、書類からではうかがえない、あなたのユニークなところ、よりリアルな人間性を見出そうとするのです。

「必ず面接を受けなければならない」とする大学は少数ですが、「面接を受けたほうが望ましい」とする大学はけっこうあります。リベラルアーツ・カレッジや名門大学ほど面接を重視します。一方、州立大学やコミュニティ・カレッジでは面接が課されません。

面接は、基本的には大学のキャンパスに赴いて行います。また、全米に散らばっている卒業生と面接したり、電話やスカイプで面接する場合もあります。また、多くの大学のスタッフが優秀な高校生を探して全米・全世界を飛び回っていますので、そうした機会に面接を受けることもあります。

ただし、日本人出願者がアメリカの大学まで赴いて面接をしなければならないというケースはそんなにありません。留学生は面接が免除されるか、電話やスカイプでの面接が行われる大学がほとんどです。出願するための書類の準備もたいへんですが、面接が課された場合はとにかくリラックスして臨みましょう。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学では、コネはききますか?

アメリカの大学は、合格をもらうのにコネが効くと聞いていますが。   回答を見る

Q. アメリカの高校留学を検討していますが、中学校の成績がよくない

アメリカの高校への留学を希望しているのですが、中学校の成績がよくありません。それでもアメリカの高校に合格できるでしょうか。   回答を見る

Q. アメリカの大学に留学するために、高校でとっている科目の難易度はどのように影響するのでしょうか?

アメリカの高校にはレベル別の科目があると聞きます。日本の高校生がアメリカの大学に留学する場合、科目の難易度はどのように示すのでしょうか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求