留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学に支払うDepositとは何ですか?

アメリカの大学から届いた合格通知に「5月1日までに250ドルのDepositを支払うこと」と書かれていました。このDepositって何ですか?

Depositを支払うことで、合格した大学へ入学する意思を示します

合格したアメリカの大学に、入学の意思を示すために支払うのがDepositです。

アメリカの大学には、入学金というものはありません。その代わりに、学費の一部としてdepositを前もって納めることになっています。もし、期日までにこのdepositを支払わないと、せっかくの合格が取り消されてしまうので、合格通知には十分目を通してください。

第一志望ではない大学の合格通知が先に届き、その大学へのdeposit支払期限までに、第一志望校の合否が知らされていない場合は、とりあえず合格通知が届いた大学にdepositだけは支払っておいたほうがいいでしょう。Depositは返金されませんが、留学する大学がなくなってしまっては困りますから。

アメリカの多くの大学が、9月からの新学期に入学する場合のdeposit支払期限を、5月1日としています。

Depositは、学費の一部に充当されます。この意味でも、日本の大学の入学金とは異なります。Depositの額は、だいたい200~500ドルです。

リベラルアーツ・カレッジのような小規模の大学では、depositには、授業料の一部と入寮申込の際のdepositの両方が含まれる場合が多く見られます。

州立の大学では、depositを要求してこないところもあります。Depositに加えて、合格通知と一緒に送られてくる入学契約書(Agreement)に必要事項を記入して送付すると、入学手続は完了です。

Agreementとは、大学で定められた規則に従うことと、もしその規制を破った場合は、退学を含めてその大学の措置に従うことを誓約する書類です。

Depositを要求していない大学については、入学契約書のみを送ります。入学契約書すら送られてこない場合は、入学を確約する何らかの手続が必要かどうか、大学に確認しましょう。

これらのdepositや学校指定の書類を提出すると、ビザ申請に必要なI-20という書類が送られてきます。




同じカテゴリー内の質問

Q. 留学した大学の入学式には家族が出席するのでしょうか?

日本の大学のように留学した大学では入学式に家族は来る必要がありますか?   回答を見る

Q. アメリカの大学に留学するために、高校でとっている科目の難易度はどのように影響するのでしょうか?

アメリカの高校にはレベル別の科目があると聞きます。日本の高校生がアメリカの大学に留学する場合、科目の難易度はどのように示すのでしょうか?   回答を見る

Q. アメリカの大学への出願形式のうち、Early DecisionとEarly Actionの違いを教えてください

アメリカの大学に出願するにあたって、Regular Decisionよりも早く出願する方法として、Early DecisionとEarly Actionがあると聞いたことがあります。これらの違いは何ですか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求