カテゴリー: 合格&入学  書類の準備 

アメリカの大学への出願形式のうち、Early DecisionとEarly Actionの違いを教えてください。

アメリカの大学に出願するにあたって、Regular Decisionよりも早く出願する方法として、Early DecisionとEarly Actionがあると聞いたことがあります。これらの違いは何ですか?


Early Actionは、早期出願で合否結果も早く出ますが、Early Decisionと異なり、複願ができ、合格しても必ずしも入学しなければならないという制約がありません。

Early Action、Early Decisionともに10~11月くらいに出願して、合否結果は12~2月にでます。

Early Actionの場合、Early Decisionのように合格したら必ずその大学に入学しなければならないという制約はありません。したがって、Early Actionでは複数の大学に出願できます。さらに、留学するために入学の意思を決定する時期は、Regular Decisionと同様の時期(だいたい5月1日)です。

学業成績も良く、SAT®やTOEFL®テストの結果も含めて、すべての出願書類が早めに準備できれば、Early Actionで出願してもよいでしょう。複数の大学から合格をもらえれば、その中からじっくりと留学したい大学を選ぶことができますし、早めに合格をもらえれば、残りの高校生活を安心して過ごすこともできます。

アメリカの大学の願書には、Regular Decision、Early Decision、Early Actionいずれの方法で出願するかをチェックする項目があります。留学準備にあたっては、どのような方法で出願するのがよいのか、よく検討しましょう。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 短大を出ているのですが、アメリカの大学の1年生に入れられそうなのですが。

留学を考えて大学に出願をしたのですが、どうやら一年生となるようです。 どのように対策すればよいでしょうか? 回答を見る

Q. アメリカの大学への出願で、Regular Decisionとは何ですか?

アメリカの大学に出願しようと思っていますが、Regular Decisionという言葉がありました。これはどのような意味ですか? 回答を見る

Q. アメリカの大学で「学ぶ科目」はどのように分類されていますか?

日本の大学入試は専攻の学部で受験しますが、アメリカの大学では専攻は3年次までに決めればよいことになっていると聞きます。専攻の科目と一般の科目の切り分けがよくわかりません。 回答を見る

» 「書類の準備」についてよくある質問一覧に戻る