留学Q&A(留学の応援課)

編集する

アメリカの大学への出願期限のうち、Regular Decisionとは何ですか?

アメリカの大学に出願しようと思っていますが、Regular Decisionという言葉がありました。これはどのような意味ですか?

Regular Decisionとは、アメリカの大学の出願における最もオーソドックスなプロセスです

アメリカの大学出願におけるRegular Decisionとは、「レギュラー」と名がつくだけあって、願書提出の締切日が定められ、合否の決定はこの日以降に行われるという、最もオーソドックスな出願プロセスのことをいいます。

9月に入学する場合、だいたい1~3月くらいが出願のピークです。

各大学が設けている出願期限(Application Deadline)までに、
・願書
・成績証明書
・エッセー
・推薦状
・テストスコア
など、それぞれの大学が提出を求めている書類を提出し、審査を受けます。

アメリカの大学には、入学審査を専門に行う部署があります。この部署のことをAdmissions Officeといいます。出願書類は、このAdmissions Office宛てに送ることになります。

合否が出るのは3~5月くらいです。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学への出願形式のうち、Early DecisionとEarly Actionの違いを教えてください

アメリカの大学に出願するにあたって、Regular Decisionよりも早く出願する方法として、Early DecisionとEarly Actionがあると聞いたことがあります。これらの違いは何ですか?   回答を見る

Q. アメリカの大学では留学生の審査をどのような観点からみてますか?

入学の審査官はどのようなことを考えながら、審査しているのでしょう?   回答を見る

Q. アメリカ大学留学で正規の学生になるには?

アメリカ留学を希望していますが、成績は普通、その他についても平均的なのですが…。   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求