カテゴリー: 書類の準備  合格&入学 

アメリカの大学への出願で、Regular Decisionとは何ですか?

アメリカの大学に出願しようと思っていますが、Regular Decisionという言葉がありました。これはどのような意味ですか?


Regular Decisionとは、アメリカの大学の出願における最もオーソドックスなプロセスです。

アメリカの大学出願におけるRegular Decisionとは、「レギュラー」と名がつくだけあって、願書提出の締切日が定められ、合否の決定はこの日以降に行われるという、最もオーソドックスな出願プロセスのことをいいます。

9月に入学する場合、だいたい1~3月くらいが出願締切のピークです。

各大学が設けている出願締切日(Application Deadline)までに、
・願書
・出願料
・成績証明書
・エッセー
・推薦状
・テストスコア
・財政能力証明書
など、それぞれの大学が提出を求めている書類を提出し、審査を受けます。

アメリカの大学には、入学審査を専門に行う部署があります。この部署のことをAdmissions Officeといいます。出願書類は、このAdmissions Office宛てに提出します。

合否が出るのは3~5月くらいです。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 口に出して相手に要求を伝えるのが苦手。留学生活において、相手は察してくれませんか?

留学すると、きちんと相手に「〇〇してほしいこと」を言わないと理解してもらえないですか? 回答を見る

Q. アメリカ留学に必要なエッセーを英語で書くポイントは何ですか?

英語で文章を書くことに慣れていません。エッセーを英語で書くためのポイントを教えてください。 回答を見る

Q. 高認(旧大検)に合格しました。この資格で大学留学することはできますか?

個人的な都合でやむを得ず高校生活を断念したて高認を取得できました。 この資格でアメリカの大学に留学することは可能ですか? 回答を見る

» 「合格&入学」についてよくある質問一覧に戻る