カテゴリー: 大学選び 

リベラルアーツカレッジと呼ばれている大学がアメリカにあると聞いていますが、日本人留学生には適していますか?

アメリカの4年制大学約3,000校のうち、約600校がリベラルアーツカレッジと聞いていますが、日本人にはピンときません。どんな大学なのでしようか? 留学するのに適した大学ですか?


日本の高校を卒業した直後にアメリカの大学に留学する人にとって適したタイプの大学と言えるでしょう。

アメリカにはリベラルアーツカレッジと呼ばれる大学が約600校あります。リベラルアーツカレッジはアメリカの大学教育のかなめになっていると言えます。なぜなら、リベラルアーツカレッジはアメリカの大学のルーツだからです。

アメリカの建国後まもなくは、大学の役割は聖職者を養成することでした。時代を経て次第に、教養を身に付けた知識人を養成することが大学の役割となりました。そういう教養ある知識人が社会をリードしていくのだという考えがあったのです。この教養のことをリベラルアーツと言い、この教養を身につけた知識人を養成することを目的とした大学がリベラルアーツカレッジの始まりなのです。ハーバード大学をはじめ、アイビーリーグ校のほとんどが、そして伝統ある私立大学のほとんどがリベラルアーツカレッジとしてスタートしました。

リベラルアーツカレッジは全人教育がその特徴で、さまざまな分野の学問を幅広く身に着けることを目的としています。アメリカでは本格的な専門教育は大学院から始まるため、高校を卒業したばかりの若者が4年間大学レベルで勉強したくらいではたいした専門家にはなれません。したがって、4年間かけてじっくり幅広くいろいろなことを勉強するために、リベラルアーツカレッジを選ぶ学生も多いのです。それがアメリカにリベラルアーツカレッジが約600校もある一因です。

リベラルアーツカレッジは、若者たちが自分の生き方を考える場、自分の生きる方向性を探るための大学と解釈できます。そういう意味では、日本の高校を卒業した直後にアメリカの大学に留学する人にとって適したタイプの大学と言えるでしょう。


このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学に留学して、英語力の不足をカバーする科目のとりかたの工夫ってありますか?

アメリカの大学に留学して最初の年は、履修科目に工夫をして英語力不足をカバーしたい。どのようなテクニックがありますか? 回答を見る

Q. 二浪中です。留学を考えると不安がいっぱいですが、アメリカ留学も検討しています。

現在二浪中ですが、受験勉強もマンネリ化しています。何のために勉強しているのか、受験勉強して日本の大学に入ることに疑問を感じ始めました。留学も視野に入れ始めましたが、英語力にも不安があり、実際に留学するとどのように自分が変わるのでしょうか? 回答を見る

Q. ペーパーの種類はいくつかあるのでしょうか?

アメリカの大学の授業で課されるペーパーは、いくつかの種類があるのでしょうか? 回答を見る

» 「大学選び」についてよくある質問一覧に戻る