カテゴリー: 生活 

口に出して相手に要求を伝えるのが苦手。留学生活において、相手は察してくれませんか?

留学すると、きちんと相手に「〇〇してほしいこと」を言わないと理解してもらえないですか?


留学先の大学で、アメリカ人には以心伝心は通じません

日本人は育った環境の中で、なんとなく相手の要求を察することに慣れています。しかし、多民族国家のアメリカでは相手のことを察するということは、なかなか期待できません。

このような違いを理解できていないと、ともすると日本人留学生は、「アメリカ人は~してくれない」といった誤解を抱きます。日本では、自分が何かしてほしいときに、あからさまに意思表示をしなくても、ある程度わかってくれるという期待を持つことができます。しかし、これをアメリカ人に期待するのはむずかしく、やや身勝手な発想なのです。

何かしてほしいならば、「〇〇してほしい」としっかりした意思表示をしなければなりません。指をくわえてポツンと立っていても、アメリカ人は助けてくれません。
極端な話、「あの日本人は指をくわえてポツンと立っていたいんだ」と解釈されます。友達づくりにしても、助けを得るにしても、意識的に努力して意思伝達をしなければいけません。

口に出して伝えると、意外にも「あっ、そー!」と気軽に応じてくれます。
こんなことだったら、もっと早く言えばよかったと後悔するくらいです。
コミュニケーションのコツを覚えて実践しましょう。
このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学で「学ぶ科目」はどのように分類されていますか?

日本の大学入試は専攻の学部で受験しますが、アメリカの大学では専攻は3年次までに決めればよいことになっていると聞きます。専攻の科目と一般の科目の切り分けがよくわかりません。 回答を見る

Q. 留学すると大学には大学院生が大学生の数くらいいると聞きました。

アメリカでは専門教育は大学院から始まると聞きました。つまり専門教育の充実した大学には大学院生が多いことになるのでしょうか? 回答を見る

» 「生活」についてよくある質問一覧に戻る