カテゴリー: 留学相談 

二浪中です。留学を考えると不安がいっぱいですが、アメリカ留学も検討しています。

現在二浪中ですが、受験勉強もマンネリ化しています。何のために勉強しているのか、受験勉強して日本の大学に入ることに疑問を感じ始めました。留学も視野に入れ始めましたが、英語力にも不安があり、実際に留学するとどのように自分が変わるのでしょうか?


留学は、自分を崖っぷちに立たせる挑戦!

自分をギリギリのところまで追い詰めてみたら、自分が成長できるかもしれないと考え、留学を志す人が結構多いのです。自分を崖っぷちに立たせてみたいと、どこかで望んでいるのです。自分の中にある「火事場のばか力」なるものを試してみたいという気持ちです。

とはいえ、実際にアメリカの大学に「正規留学」をすると、英語力不足を嫌というほど実感させられ、毎日もう生きていたくないと思うほど、恥をかき、途方にくれます。そこでの努力は日本での勉強とちがって、生きることそのものへの努力、勉強、挑戦です。

人間の潜在能力とはすばらしいもので、このような試練に直面すると、自分の能力、知識、経験を総動員して「火事場のばか力」で乗り切ることができるものです。そして、それからの人生を変えるといっても過言ではない自信が身につくのです。「正規留学」は大変! でも、そのゴールには「自信」。是非、がんばって下さい。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 大学留学でアメリカの大学に編入する場合、単位認定の査定はどのようにおこなわれるのでしょうか?

日本の大学で履修した科目の単位は、アメリカの大学に留学するときにどのようにして認めてもらうのでしょうか? 回答を見る

Q. アメリカの大学への出願準備の「カギ」は何ですか?

アメリカの大学に出願するために、出願締切日までにさまざまな書類をそろえて提出しなければならないと聞いています。その準備にあたり、心がけることは何ですか? 回答を見る

Q. アメリカの大学が出願者の成績を判断する時に、学校のレベルを考慮しますか?

日本の進学校に通っていて、学校の成績がそれほど良くないのですが、アメリカの大学は出願者の出身校のレベルは考慮しないのでしょうか? 回答を見る

» 「留学相談」についてよくある質問一覧に戻る