留学Q&A(留学の応援課)

編集する

小規模大学への留学のメリットとデメリットを教えて下さい。

アリゾナ州立大学のように学生数5万人以上の大学とAmherst collegeのような学生数2000人くらいの小規模大学の違いってなんでしょうか?

小規模大学への留学であれば教授をはじめ学生同士もお互いを知る機会が多くなります

小規模大学への留学のメリット。
小規模な授業がなされる、大規模大学と違って学生に対する教授の数が多い、教授の目がすべての学生に行き届きやすい、小規模大学の先生は研究にではなく、教えるころに重点を置いているので、指導がきめ細かで学生も教授と親しくなるチャンスが多い、寮には確実に入れる、下級生の頃から学内の活動でリーダーシップを取るチャンスがある、などです。

小規模大学への留学デメリット
小規模であることが裏目に出て、コースのバラエティが少ない、教授が積極的に研究活動をしていない、施設が小規模でその数も少ない、私立大学の場合は比較的費用が高い、一般的に大学の知名度が低いことなどです。

大学の規模の大きさは、大学の優秀さとは関係ありません。大学生のみなさんは沢山勉強をしなければいけない仕組みなので、小さい大学の方が個人指導のように先生の目がゆき届きます。
大学に入ったんだから、適当に過ごせばいいじゃないか?と言う日本と事情が違います。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの大学を評価する見方、学生の回帰率とはどんなことなのですか?

学生の回帰率で、その大学を評価できると聞きましたが、どのようなことなのですか?   回答を見る

Q. 実際はどんな人が留学しているのでしょうか?

年齢、成績、英語力、留学先、どんな人たちが留学しているのでしょう?   回答を見る

Q. 小規模大学への留学のメリットとデメリットを教えて下さい。

アリゾナ州立大学のように学生数5万人以上の大学とAmherst collegeのような学生数2000人くらいの小規模大学の違いってなんでしょうか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求