カテゴリー: 留学相談 

英語がうまくなりたいので留学を考えていますが、どの国がいいのか悩んでいます。

英語圏の中でも、アメリカは特に世界に影響力のある国なので、留学する国の候補として一番に考えています。アメリカはひとことで言うとどのような国でしょうか?


一口で表現するなら、「アメリカはチャレンジとチャンスの国」と言えるかもしれません。

アメリカはアジア系、ヨーロッパ系、メキシコ系、アフリカ系など実にさまざまな国からの人が集まって一つの国を作っています。このような多様な人種から構成されている国では、人々の発想も特徴的で柔軟性を持ち、かつダイナミックです。「絶対こうでなければならない」といった固定概念が少ないので、次々に新しいことが創造され、試されます。

また、アメリカの人々は人類の理想を求めて、常に新しい事にチャレンジしてゆく国民性でもあります。これからの私たちは、日本人であるとともに、地球人として考えなければならない、生きねばならないことがいっぱいです。人間のこれからあるべき姿のヒントをアメリカの中に得ることができるかもしれません。

将来の自分を信じてチャレンジしてみようと思う人たちには、アメリカに留学してこのようなアメリカの特徴を肌で感じてみてください。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 大学留学を希望している大学生です。日本の大学の単位の移行を考えています。

日本の大学で取った単位を活用してアメリカの大学留学を希望していますが、可能でしょうか? 回答を見る

Q. 高校を卒業後、社会人として働いていて勉学から遠ざかっていますが、アメリカの大学に留学できますか?

高卒ですが、社会に出て働いている間にアメリカの大学に留学したいと思うようになりました。費用にも制限があるため2年間という留学期間を考えていますが、可能でしょうか? 回答を見る

Q. アメリカの大学への出願形式のうち、Early DecisionとEarly Actionの違いを教えてください。

アメリカの大学に出願するにあたって、Regular Decisionよりも早く出願する方法として、Early DecisionとEarly Actionがあると聞いたことがあります。これらの違いは何ですか? 回答を見る

» 「留学相談」についてよくある質問一覧に戻る