カテゴリー: 単位  編入 

大学留学でアメリカの大学に編入する場合、単位認定の査定はどのようにおこなわれるのでしょうか?

日本の大学で履修した科目の単位は、アメリカの大学に留学するときにどのようにして認めてもらうのでしょうか?


アメリカの大学ではRegistrar’s Office(授業登録オフィス)が単位認定をおこないます。日本人留学生の単位認定もこのオフィスが担当します。

アメリカの大学に留学して、日本の大学で履修した科目の単位を認めてもらうためには、日本の大学の講義要綱を英訳したものを入学するアメリカの大学のRegistrar’s Officeに提出します。留学を決定した大学に提出するのが一般的ですが、大学によっては出願時に提出を求めるところもあります。

Registrar’s Officeのスタッフが英訳された講義要綱を見ながら、その大学で提供されているクラスと照らし合わせて、同じような内容のクラスであれば単位を認めてくれます。

どのくらい単位が認められたかは、入学前後の時期に知らされます。認定単位数がわかってはじめて自分が何年次に編入したのかが確定します。たとえば、48単位認められたのであれば2年次後半、60単位であれば3年次前半に編入したということになります。

このページが気に入ったら→ 

Facebook

Twitter


同じカテゴリー内の質問

Q. 留学中、予想していなかったことが起こったときのきの心構えを教えてください

留学では勉強が中心、しかも集中力が要求されます。でも、何か突然に予想してなかったことが起ったら、授業に集中できるのかと考不安になってしまいます。  回答を見る

Q. アメリカの女子大への留学をめざしていますが、メリットってありますか?

両親が女子大への留学をすすめています。治安面から安心とのことです。女子大への留学とはどのようなものですか? 回答を見る

Q. アメリカの大学の偏差値を知りたいです。どうすればわかりますか?

日本では、東大に入りたい、京大に行きたい、医学部に入学したい、というときには、その大学の偏差値を見て合格できるかどうかを知ることができます。アメリカの大学も、偏差値を見れば合格の可能性がわかるのでしょうか? 回答を見る

» 「編入」についてよくある質問一覧に戻る