留学Q&A(留学の応援課)

編集する

出願のための書類を準備するにあたり、財政能力証明書も必要なのでしょうか?

財政能力証明書は、出願のための書類として準備しなければなりませんか? 具体的にはどのような書類を提出するのでしょうか?

財政能力証明書は、具体的には、銀行や郵便局の預金残高証明書のことをいいます。留学生がアメリカの大学に在学して生活していけるだけの財政能力を証明するためのものです

アメリカの大学に出願するときに準備する書類の1つとして、財政能力証明書があります。留学生がアメリカの大学に在学して生活していけるだけの財政能力を証明するためのもので、合否に直接影響するわけではありませんが、金額が一定額に達していないと、入学許可はおりません。

財政能力証明書は、具体的には、銀行や郵便局の預金残高証明書のことをいいます。金額はドル表記であることが望ましいのですが、日本円で書かれた場合は、余白にドル換算をした金額を記入しておきます。

額としては、その大学の授業料・寮費・食費、諸雑費が2年間分くらいまかなえる金額として600~1,000万円くらいが適切です。できれば親の名義のものがいいでしょう。そうすればあなたが、卒業まできちんと学費を支払い、何かあったときにはお父さん・お母さんが責任をもって身元を引き受けます、ということを証明することになります。

一つの口座にそれだけのお金がなければ、いくつかの口座をあわせたものでOKです。たとえばお母さんが○○銀行に300万円、お父さんが△△銀行に300万円というように、それぞれの金融機関の残高証明書を提出しても問題ありません。

財政能力証明書の有効期限は3か月以内くらいと考えて準備しましょう。また出願時だけでなく、学生ビザを申請するときにも必要になります。




同じカテゴリー内の質問

Q. 大学留学を考えていますが、大学はどうやって選ぶのでしょうか?

大学の志望校選びはどのようにしていくものでしょうか?   回答を見る

Q. アメリカの大学に留学するために提出する願書ってどんなものですか?

アメリカの大学に留学するために、願書はどのように手に入れるのでしょうか? また、願書はどのような形式で、どのような内容になっているのでしょか?   回答を見る

Q. 高校留学中のお小遣いの管理はどのようにされますか?

アメリカの高校に留学している間、お小遣いはどのように管理されるのでしょうか。   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求