留学Q&A(留学の応援課)

編集する

高校を卒業してアメリカの大学に留学する場合、高校の卒業証明書も必要ですか?

アメリカの大学に出願する時点では日本の高校に在学中なのですが、それでも卒業証明書の提出は必要になりますか?

合否には影響しませんが、卒業の証明書は必要になります

日本の高校を卒業してアメリカの大学に留学する場合、英文の卒業証明書の提出が必要になります。

アメリカの新年度である9月の入学に向けて出願する場合、だいたい1~3月が出願時期になりますので、その時点では高校を卒業していないこともあるでしょう。高校を卒業していなければ、「出願書類」として卒業証明書を提出することはできません。といってもこれが合否に不利にはたらくことはありません。高校を卒業し次第、すみやかに卒業証明書を手配し、出願大学(あるいは合格した大学)に送付すればOKです。

もし出願の時点で高校を卒業しているならば、出願書類の一つとして卒業証明書を提出します。

日本の大学からアメリカの大学に編入する場合にも、高校の卒業証明書の提出が求められることがあります。

卒業証明書には、
・氏名
・生年月日
・入学年月日
・卒業年月日
が英文で明記されているものを、高校に発行してもらいます。さらに、学校から正式に発行されたものであることを示す学校印(Official Seal)と、校長先生のサインも載っていることが必要です。コピーは受け付けてくれませんので、出願する大学の数だけ、卒業証明書を手配することになります。




同じカテゴリー内の質問

Q. アメリカの高校に留学するのに、なぜ中学校の成績が必要なのですか?

アメリカの高校への出願書類の一つとして、「中学校の成績」があると聞いていますが、なぜ中学校の成績が必要になるのですか?   回答を見る

Q. アメリカの大学に出願するには、財政能力証明書が必要なのでしょうか?

アメリカの大学に出願するにあたって、財政能力証明書が必要になると聞いたことがあります。具体的にはどのような書類を提出するのでしょうか?   回答を見る

Q. 高校を卒業してアメリカの大学に留学する場合、高校の卒業証明書も必要ですか?

アメリカの大学に出願する時点では日本の高校に在学中なのですが、それでも卒業証明書の提出は必要になりますか?   回答を見る

カテゴリー一覧へもどる



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
留学相談 資料請求