志望校の選びかた

地域・学校のタイプ・費用でふるいにかける

全米には約300のボーディングスクールがあります。その中から自分に適した高校を選ぶのは簡単な作業ではありません。偏差値があるわけではありませんし、日本の中学校の先生でもなかなかアドバイスはむずかしいことでしょう。

手がかりとしては、まず地域・学校のタイプ・費用が挙げられます。これらによって、10~20校くらいをピックアップします。

地域

良質なボーディングスクールはアメリカ東部から北東部に多くあります。とくにニューイングランド地方(メイン州、ニューハンプシャー州、バーモント州、マサチューセッツ州、ロードアイランド州、コネチカット州)に伝統あるボーディングスクールが集中しています。この地方には日本のように四季の移り変わりがあって、冬は雪がたくさん降って寒くなりますが、かえって勉強に励むにはいい気候です。地域的な希望がとくにないのであれば、まずはニューイングランド地方とその周辺の高校から見はじめるといいでしょう。

学校のタイプ

共学か別学か、というのも志望校選びの基準になります。とくに女の子は女子校を前向きに検討してもいいでしょう。女子校では友達もつくりやすく、落ち着いた環境で勉強に専念できます。将来の女性リーダーの育成にも、女子校は力を入れています。

また全校生徒数や男女比、留学生の割合、寮生の割合といったデータもチェックポイントです。ボーディングスクールの生徒数の目安は200~800人くらいですが、一般的には生徒数が少ないほうがキャンパスはフレンドリーでアットホームです。

留学生はどこの学校でもけっこう多く在校しています。だいたい全校生徒の10~20%くらいを占めています。30%を越すようではちょっと多すぎるように思われます。

寮生の割合は、高いほうが留学生には適しています。寮生の割合が60~80%以上であれば、友達がつくりやすく、生活をともにすることで連帯意識も高まるでしょう。寮生の割合が小さい学校は、それだけ通学生(Day Students)が多いということになります。

なおボーディングスクールの中には、5-Day Boarding Schoolといって、「平日のみ寮制」という学校もあります。こういう学校の生徒たちは、週末は自宅で過ごします。留学生は滞在先に困りますので、このタイプの学校は志望校からはずします。

費用

ボーディングスクールの1年度の費用は、学費と寮・食費をあわせて40,000~50,000ドルくらいです。レベルの高い高校ほど学費も高くなる傾向にあります。また学習障害をもつ生徒を対象とした学校も、比較的学費は高くなります。反対に学費が安いのはミリタリースクールや宗教色のきわめて強い高校などです。費用がいちじるしく高い・低い学校にはそれなりの理由がありますので、事前によく調べる必要があります。

以上のポイントを調べるにあたっては、栄 陽子留学研究所が運営している「アメリカ高校ランキング」を活用してください。このサイトでは、全米の高校をさまざまな条件で検索できるほか、それぞれの高校についての特徴やデータを記載しています。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求