高校留学の魅力

高校留学は、世界への扉を開く第一歩

アメリカの高校、とりわけ日本人が留学する場合の候補となる私立のボーディングスクール(寮制の学校)にはアメリカはもとより、世界中から生徒が集まります。

その中で、一人ひとりが人間とは何か、世界とは何か、自分はどう生きるべきかを一緒に考え、創造力や決断力を高め、論理的思考を学びます。

小さな常識に捕われず、自分の個性を伸ばし、英語で学び、世界のどこでも生きる力を身につけられる。高校留学では、そんな教育があなたを待っています。

「留学」は人と違った人生を歩むこと

日本人は「みんなと同じことをする」ことに安心を感じると言われています。ですから、仲の良い友達と別れ、周りの人と違った道を選ぶことは大きな決断です。それがアメリカの高校に行くという決断であれば、なおさら不安が大きいかもしれません。

当研究所から留学した先輩たちも同じ気持ちでした。しかし、アメリカの高校では、他人と違ったことをすることをむしろ勧められ、他人にはない自分の特徴や能力を強化して魅力的な人間に成長できるのです。

少し“日本人離れ”をしている人で「何か違うことをしてみたい」と思う人には留学は最高のチャンスです。そして、普通と違う人生を歩むことは、人が経験できないことを経験し、人間として大きく、強い人になることです。

ボーディングスクールで考える自分の個性や適性

自分にとって最善の進路を見つけるためには、高校時代にじっくりと時間をかけて自分自身を見つめ、自分がどうなりたいのか、どう生きたいのかを考えたり、卒業後にどんな道に進みたいのかなど、将来のことを考えるのが大事です。

また、高校時代には受験勉強をするだけでなく、本当に知りたいことを研究したり、純粋に学問を理解したり、探求したりする喜びを実感するすることも大事です。

そうした経験は、その後の大学時代や社会人時代にも、新しい知識を得たり、問題を解決するときに役立ちます。そして自分で考える力を持つことができます。

アメリカのボーディングスクールに留学すると、自分自身を見つめる時間が持てます。そこでは、あなたの個性や適性を発見できる教育がなされます。また、アメリカの高校の授業は、純粋に学問を理解させようとする教育です。

先生はいつでも生徒を支えてくれます

はじめは英語力不足のために、自分の気持ちが相手に伝えられないかもしれません。勉強だってとても大変です。

しかし、高校留学でボーディングスクールに行った先輩は口をそろえて、いつでもどんな時でも先生方が支えてくれた、と言います。

ボーディングスクールの先生たちは、本当に生徒が大好きで、生徒に成長してもらいたくて一緒にキャンパスに住みながら指導してくれます。

頑張らなければいけないことがたくさんあるけれど、それに立ち向かっていけば、周りは全力でサポートしてくれるのです。

高校留学への一歩を踏みだそう!

高校留学は自分の人生を豊かにする上でたくさんの魅力が詰まっています。

高校留学にチャレンジしたみたい、高校留学についてもう少し知りたいという方は、ぜひ栄 陽子留学研究所の留学相談においでください。

ご自分にとって留学がどんな形でプラスになるのか、いっしょに考えましょう。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求