ボーディングスクールとは「寮制の学校」のこと

「寮制の学校」のことを英語でボーディングスクール(Boarding School)といいます。長い伝統があり、自然に抱かれた広大なキャンパスをもち、教育と生活の支援態勢がしっかり整っていて、アメリカだけでなく世界中の生徒たちが学習・生活を共にする、というのが、多くのボーディングスクールに当てはまる特徴です。
教室のみならず日常のあらゆる局面を通じて、校友や先生たちと刺激しあい、お互いに切磋琢磨しながら成長できる環境が、ボーディングスクールにはあります。

生徒一人ひとりの個性をはぐくむ

ボーディングスクールの教育の大きな特長は、一人ひとりの生徒が自分ならではの個性に気づき、そのユニークな資質を磨き、あらたな可能性と将来の道を切り拓いていけるように指導すること。1クラスの生徒数は10人ほどという少人数制が徹底されていて、勉強への取り組みかたや苦手分野の克服のしかたなどが個別に、またきめ細かに指導されます。
とくに留学生にとって心強いのは、語学・文化の違いの面での支援・指導を十分に得られることです。先生たちはみんな教育熱心で、いつでも相談にのってくれるのはもちろんのこと、必要な学習サポートはすぐに手配してくれます。勉強はたいへんですが落ちこぼれる心配がない、というのは留学する本人にとっても、また親御さんにとっても大きな安堵になります。

先生やスタッフと一緒に送る生活

ボーディングスクールでは、生徒だけでなく先生やスタッフも同じキャンパスで生活しています。先生と生徒が共に力を合わせながら、学業や課外活動、学校行事、そして日々の生活を築き上げてゆくのです。看護師やカウンセラーも常住していて、ケガや病気、悩みごとがあっても心配いりません。一人ひとりの生徒が安心して伸び伸びと勉強や課外活動に励み、自らの力で未来を切り拓いていけるように、教育・治安・衛生すべての面から学校一丸となってサポートしています。
生徒たちは寮生活を通じて、協調性やフェアの精神を学びます。またコンビニやゲームセンターなどがない環境のもと、毎日を規則正しく生活するなかで、自分を楽しませ、人生を充実させるための工夫を身につけます。

さまざまなボーディングスクール

女子校/男子校

アメリカのボーディングスクールの大半は共学校ですが、女子校や男子校も少なくありません。これら女子校・男子校では、共学校に比べると、生徒間のトラブルが少なく、落ち着いて勉強に励むことができるというメリットがあります。また生徒たちの満足度も、共学校に比べて高いという指摘もされています。

アートに力を入れている学校

アメリカのボーディングスクールは、美術・音楽・演劇のカリキュラムや設備がとても充実しています。自由な発想・表現力・パフォーマンスは、アメリカの教育では非常に重視されていて、独創性にすぐれていることは、アート以外の分野でも生かされると考えられています。
とりわけ芸術に力を入れているボーディングスクールは以下の通りです。このうち学校名に“Arts”と付いているボーディングスクールは、大学でさらに芸術を専門的に学び、将来はプロの芸術家になることを視野に入れている生徒たちが学んでいます。

  • Besant Hill School (CA)
  • Brehm Preparatory School (IL)
  • The Cambridge School of Weston (MA)
  • The Grier School (PA)
  • Idyllwild Arts Academy (CA)
  • Interlochen Arts Academy (MI)
  • Kents Hill School (ME)
  • Lyndon Institute (VT)
  • Maine Central Institute (ME)
  • The Masters School (NY)
  • The Putney School (VT)
  • St. Johnsbury Academy (VT)
  • San Domenico School (CA)
  • Shattuck-St.Mary's School (MN)
  • Stoneleigh-Burnham School (MA)
  • Stuart Hall School (VA)
  • Walnut Hill School for the Arts (MA)

学習障害をもつ生徒を対象としたボーディングスクール

学習障害(Learning Disability)とは、読む・聞く・話す・書く・計算するといったことにおいて生ずる、さまざまな困難のことをいいます。必ずしも学力そのものが劣っているというわけではありません。
アメリカでは、さまざまな学習障害や多動性障害に応じた指導が実践されていて、ボーディングスクールの中にも、学習障害をもつ生徒を対象とした、あるいはそのような生徒をサポートしている学校はめずらしくありません。このような学校では、他のボーディングスクールよりもさらに少人数制を徹底して、一人ひとりの習熟度に応じて、きめ細かい指導を行っています。また授業だけでなく、生活全般にわたっての指導・サポートが充実しているのも、こうしたボーディングスクールの大きな特徴です。大学進学率が100%という学校も少なくありません。

留学相談 留学講演会

高校留学 コンテンツ一覧

アメリカ留学についてお悩みのかたは
お気軽にご相談ください

アメリカ留学についてわかりやすく解説
した資料と当研究所のパンフレットを
お送りします。

資料請求

カウンセラーに個別にご相談
したいかたはこちら

留学相談

アメリカ留学のことが1日でわかる
講演会(無料)へのご参加はこちら

留学講演会

その他、どんなことでも
お気軽にご相談ください

お問い合わせ