寮生活

自然に抱かれたキャンパスで

アメリカのボーディングスクールはそのほとんどが田舎にあり、キャンパスは緑豊かな自然に抱かれています。そこで生徒たちは寮生活を送ります。

寮の建物はキャンパス内にいくつかあって、教室やスポーツ施設などへは徒歩で行ける距離にあります。男女別々の棟に住みます。

だいたい二人で一部屋を共有するという場合がほとんどです。新入生にはルームメイトは学校に割り当てられますが、2年目以降は自分のルームメイトを選べます。Senior(高校3年生)には一人部屋が与えられることもめずらしくありません。

シャワーやトイレは、同じ階に住む生徒たちが共同で使います。部屋の掃除、洗濯、身の回りのことは、すべて自分でします。掃除については、ときどき先生にチェックされることも。共同スペースについては、その寮に住む生徒たちが協力して掃除・メンテナンスを行います。

ルームメイトの存在

寮生活においてはさまざまな規則がありますが、とくに下級生ほど消灯時間が決められているなどルールが厳しく、上級生になるとけっこう自由に暮らすことができるようになります。

留学生にとって、慣れない英語での生活を励まし、厳しい勉強を助けてくれるルームメイトは非常に大きな存在です。つらいことや楽しいことを分かち合えるルームメイトは、言葉の壁を越えた交流を初めて実感できる存在となるでしょう。

寮生活における10の原則

寮生活を快適に過ごすためには、次の10の原則を守るといいでしょう。

  1. 寮の先生に従う
    寮内には親代わりになる先生が一人は住んでいます。どんなことでも相談にのってくれます。親しくしておきましょう。
  2. 公共物を大切にする
    テレビやソファを壊したりすると損害金を支払うことになります。
  3. 洗濯はこまめにする
    コインランドリーを使うことになりますが、混まないタイミングを考えて、人が少ない日中にするなどしましょう。
  4. 自分の携帯でなく、寮内の電話を使うときは短めに
    長電話は迷惑のもとです。
  5. 部屋はきれいに使うこと
    先生からチェックされることもあります。
  6. 荷物はほどほどに
    自分の荷物でルームメイトのスペースを侵略しないようにしましょう。
  7. 音に気を配ること
    音楽はイヤフォンかヘッドフォンを使うなどして気を配りましょう。
  8. 明るく振る舞うこと
    日本では美徳とされる「控えめ、謙遜、遠慮」はアメリカ人には不可解なこともあります。「恥ずかしさ」を捨てて、ハキハキとモノを言い、笑顔で乗り切ってしまいましょう。
  9. 思いやりを持つこと
    寮生活では、お互いの思いやりが必要です。欠点や失敗はだれにでもあります。助け合って生活していきましょう。そこに友情が生まれます。
  10. アメリカ流で行こう
    「郷に入れば郷に従え」です。尻込みしないで、思い切って慣れてしまいましょう。


留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求