中学校・高校の成績

合否に大きく影響する「中学校の成績」

アメリカの高校が合否を決める際に最も重視するのが中学校の成績です。中学校の成績は、出願者の学力や学習への取り組みかたを評価できる最も大きな資料になるからです。中学3年間にとったすべての科目の成績が評価対象となります。

アメリカのボーディングスクールへの留学をめざす人は、英語だけでなく、すべての教科でよい成績を修めるようにしましょう。中1より中2、中2より中3、というように成績が少しずつでも上がっていれば、その努力やモチベーションが認められ、アメリカの高校に好印象を与えます。また成績が最近のものほど、高校での学業をやっていけるだけの学力があるかどうかを示す目安になるので、より重視されます。

2月の出願に向けて

多くのボーディングスクールは2月に願書の受付を締め切りますから、中学3年生は2学期までの成績を願書に添えて提出します。そして中学校を卒業した時点で、3学期の成績もあわせた成績証明書を、再度、高校に提出します。

日本の高校に1年在学してからアメリカのボーディングスクールに留学する場合は、中学校の成績に加えて、高校1年次の成績も提出します。

与えられた環境でベストを尽くすことが大切

日本の中学校のレベルそのものについては、アメリカの高校によって考慮のしかたは異なりますが、よい中学校で悪い成績を修めるよりも、レベルはさほどでもない中学校でよい成績を修めることのほうが、アメリカの高校では高く評価されます。「与えられた環境でベストを尽くす」ことが大事だと考えられているからです。

日本の個々の中学校のレベルを把握しているアメリカの高校は少ないので、もし進学校などで思わしくない成績をとってしまった場合は、推薦状などでいかに中学のレベルが高いかを高校に伝えるとよいでしょう。中学校の成績が悪かったことの言い訳をエッセイなどで書き連ねることは好ましいとはいえませんが、悪かったことの事情や理由を、推薦状などを通じて客観的な立場から説明してもらい、そこからポジティブに高校留学に臨む姿勢をアピールすることはマイナスにはなりません。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求