時間割の組みかた

自分だけの時間割を組むのがアメリカ流

アメリカの高校では、授業ごとに教室が異なり、クラスメイトの顔ぶれも先生も異なります。座席も決まっていません。各自が適当なところに座ります。「1年5組」とか「3年A組」というものもありません。

時間割については、一人ひとりの生徒が、たくさんある科目の中から自分がとる科目を選んで、独自の時間割を作成します。

科目は、卒業するまでに必ずとらなければならない必修科目と、自由に選ぶ選択科目とがあります。だいたいどの高校でも、英語、数学、理科、歴史、芸術、外国語を必修としていますが、留学生には外国語の必修は免除されます(選択科目として外国語の科目をとることはかまいません)。ほかにコンピュータやボランティア、インターンシップを必修としている学校もあります。

選択科目は、その高校で開講している科目の中から自由に選んで学びます。ボーディングスクールの科目はバラエティに富んでいて、コミュニケーションや環境学、ジャーナリズムや福祉など、さまざまな分野を学べます。とくに芸術と外国語のカリキュラムを充実させているボーディングスクールが数多くあります。

時間割を組むにあたっては、アカデミック・アドバイザーという先生と相談して、アドバイザーの先生の指導と助言を仰ぎます。上級レベルの科目をとるためには、あらかじめその下のレベルの科目を修めている必要があるので、計画性をもって時間割を組むことが大切です。

10年生の時間割

ここに紹介するのは、あるボーディングスクールの10年生(日本の高1)が学んだ科目と時間割です。

Religion:宗教学

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教について学ぶ。授業は映画を観たり本を読んだり。宿題は毎回リーディングで、1日平均して20ページくらい。

Global Studies:世界地理・歴史

プロジェクトの課題が多く、試験には毎回作文形式の問題が出る。プロジェクトではアラブ側、ユダヤ教徒側に分かれて新聞をつくり、社説を書いた。

ESL:外国人のための英語

前期は短い物語や文章を読んで、文法や単語のチェック。後期は少し長めの小説を読んで、やはり文法や単語を確認する。宿題は単語の暗記がメインだが、ほかにJournalという日記も書く。クラスメイトは世界各国からの留学生たち。

Algebra:代数

先生が最初の15分くらいで解説して、あとは各自で問題を解くというのが授業スタイル。宿題は授業で終わらなかった問題を解くことで、次の授業で答え合わせをする。日本人留学生にとっては得意な科目。

Assembly:朝会

連絡事項や賞の発表など。教会で行われるが、会自体は宗教的なものではない。小説家や有名人、卒業生などがスピーチすることもある。

12年生の時間割

次に、12年生(日本の高3)がとった科目と時間割を紹介しましょう。

Student Meeting:朝会

生徒会委員会や先生からの連絡など。

Painting:絵画

 

決められたテーマ(影、抽象、象徴など)に沿って自分で好きなものを描く。水彩、アクリル、油彩などで、抽象絵画から写生まで。

BC Calculus:微分積分の上級クラス

下級クラスはAB Calculus。先生から新しいことを教わり、次いで問題を解くというスタイル。試験の後にプロジェクトがあって、「微分積分のことをすべて収めたホームページをつくる」「ランダムなかたちの表面積を測る」「川の断面図をつくる」など生徒たちが自主的に取り組む。

AP Economics:経済学

APとはAdvanced Placementの略で、優等生のみが履修できる上級レベルのクラスのこと。このAP科目で優秀な成績を修めると、大学の単位として認められる。

AP Physics

高校の物理では一番高いレベル。微分積分を用いた問題を解くので、Calculusのクラスをあらかじめとっていることが条件。学期の終わりのプロジェクトでは、グループに分かれてコンピュータでプログラミングし、決められたルールに従った車をLEGOブロックでつくり、スピードを競った。

English-Shakespeare:英語(シェイクスピア)

シェイクスピアの『から騒ぎ』『十二夜』『真夏の夜の夢』『恋の骨折り損』を読む。クラスでは宿題として読んできた内容について話し合う。書く課題も多く出る。

Advisor Meeting Period:アドバイザーとのミーティング

授業の合間20分くらいの間に、生徒がアドバイザーに会って近況を報告したり相談したりする時間。アドバイザーはとても頼れる存在で、学業だけでなく生活面でもいろいろとアドバイスをしてくれる。



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求